矯正治療の質とはどのようなことですか?

矯正治療を受ける上で、どの歯科医院、クリニックで受けるか悩んでいます。矯正治療の質、といった言葉をよく見かけますが、矯正治療の質とは具体的にどのようなことを言いますか?クリニックによって矯正後の仕上がりが異なったりするのでしょうか?

ご質問ありがとうございました。矯正治療は期間も長く、ゴールが先になるため、歯科選びは多くの患者さまが頭を悩ませる問題だと思います。日本の歯科医師法では、歯科医師免許を持ってさえいれば、歯科に関するどの分野でも自由に治療することができます。そのため歯科医師であれば矯正治療の看板をかかげることは当然許されています。
ただ、矯正治療分野は常に発展している分野である上に、技術が問われる分野でもあるため、一定の水準に到達するにはかなりの鍛錬が必要となります。矯正治療を専門、または重点的に扱っているクリニックでは、リスクを回避した治療治療中のきめ細やかな配慮理想的な仕上がりなどが期待でき、それらの点が矯正治療の質と関わってきます。

矯正治療の全てに関わる検査・分析

歯並びや噛み合わせ、骨格の形は患者さま十人十色で、そこから歯をどのように動かし、最終的にどのような歯並び・かみ合わせに持っていくかを計画するのは全て矯正治療を行う歯科医師にかかっています。その治療計画を立てる上で欠かせないのが「検査と分析」です。

横浜駅前歯科・矯正歯科では、治療前の検査に3DCTを用いています。当院で使用しているCTは歯の状態、歯根の様子はもちろん、顎の骨の形態、顎関節の状態などに至るまで詳細なデータを取得することができます。

矯正治療はゆっくりと進むものですし、綿密な治療計画のもとに行われれば問題はありませんが、歯根の吸収や歯肉の後退などのリスクもあります。
当院では3DCTによって「見えない部分」を「見える化」することで、治療にともなうリスクをできるだけ回避し、患者さまの健康に細心の注意を払っています。

歯並びだけでなく、口元全体のバランスを考慮

矯正治療はただ歯を並べればいいというものではありません。歯は上下がかみ合ってはじめてその機能を果たしますし、歯並びはお顔の印象にも関わってきます。「歯並び」を治したいと患者さまが考えるとき、口を開いた時の歯並びはもちろんですが、口を閉じた時の口元の見た目・印象を改善したいと希望していることが多くあります。出っ歯(前顎突出)や受け口(反対咬合)などの場合は特にそうです。

当院では、歯並び・かみ合わせを考慮したうえで、口元の改善も重視して治療を行っています。その方に合ったE-ライン(横顔の鼻から顎にかけての印象)が実現できるよう治療計画を立てていき、デジタルデータでのシミュレーションなどを用いながら患者さまとのイメージの共有も大切にしております。

治療中の負担をできるだけ少なくするための配慮

横浜駅前歯科・矯正歯科が舌側矯正やマウスピース型矯正(インビザライン)を中心に扱っているのは患者さまの負担やストレスをできるだけ少なくしたいと考えているからです。これは、検査時に使っている口腔内3Dスキャナ(シリコン印象のかわりにデジタルデータによって歯型を取得するためのカメラ)を導入していることともつながります。
また、治療中の痛みに対するケアに関しても、「仕方ない」と片付けるのではなく鎮痛剤の処方・ケアグッズの提供などを通して、きめ細かに対応いたします。

当院ではこれらのことが治療の質につながると考え、矯正治療を行っています。矯正歯科を選ぶ際、一つの基準としてお考えください。