「痛みに対処した治療」とは何ですか?

「痛みに対処した治療」とは何ですか?痛みが全く無いのでしょうか?

矯正治療の痛みとは?

まず、虫歯治療などの一般歯科治療で感じる痛みは、歯や神経で感じています。治療時に器具が触れたり、器具の振動で痛みが起こりますが、これらの痛みは麻酔を利用することで抑えられます。当院でも行っていますが、「無痛治療・痛みの少ない治療」と謳われることがあります。

一方、矯正歯科治療の場合は、痛みの種類が異なります。
歯列矯正の代表的な痛みは主に「歯が動く痛み」、「ものを噛む際の痛み」、そして「装置があたる痛み」であってこれらには個人差もあります。横浜駅前歯科・矯正歯科ではこれらの苦痛ができるだけ少なく済むような矯正治療・配慮を行っています。

矯正治療で痛みを少なくするために

矯正治療での「痛みに対処した治療」は、一般歯科治療で言われる「痛み」への対応とは少し意味合いが違います。矯正治療は歯に力を加える事で、造骨作用(一方の骨が溶かされ、もう一方の骨が造られる仕組み)を促し、それを利用して歯を理想的な位置に移動します。人間の体のメカニズムを利用した治療なのですが、この歯が動く際には痛みが伴います。
ただ、この痛みは歯にかかる力を調節することによって少なくすることも可能です。横浜駅前歯科・矯正歯科では「セルフライゲーションブラケット」と呼ばれる矯正用ブラケットを使用しています。従来のブラケットはワイヤーを固定するものでしたが、こちらのブラケットは、ホルダー部分にワイヤーを通すだけなので、必要以上に無理な力がかからないのが特徴です。歯に力をかけすぎないことで、矯正治療特有の痛みを抑えてくれるのです。

ものを噛む時の痛みも、歯が動く痛みに起因するものですが、これらの痛みは矯正期間中、ずっと悩ませれるものではなく、どちらかというと装置をつけてすぐ、装置の調整を行った後に起こる場合が多いです。これらの痛みは時間の経過とともに収まってきます。

また、矯正装置がお口に当たることで感じる違和感や痛みに対しては、当院独自の「痛み止めケアセット」で対応しております。裏側矯正治療は表側矯正治療に比べるとお口の中を傷つけにくい特徴もありますが、矯正装置をカバーするワックスやシート、そして痛み止めのお薬などをセットにしています。

少しでも患者さまの矯正治療期間が快適なものとなるよう、横浜駅前歯科・矯正歯科では矯正治療の痛みに上記のような対応をしています。矯正治療の性格上、全く痛みを感じないということではありませんが、ほとんどの場合にはその痛みも継続するものではありません。とはいえ、痛みの感じ方には個人差がありますので、心配な方はその都度ご相談ください。