大人の「目立たない舌側矯正」とは何ですか?

大人の「目立たない舌側矯正」とは何ですか?

歯列矯正というと銀色の目立つ矯正装置をつけて、歯並びを良くするために子供の頃に行うもの…。そんなイメージの方も多いはずです。しかし歯並びやかみ合わせに年齢は関係ありません。歯並びやかみ合わせの問題はむしろ大人になってからの弊害の方が多いとも言えるのです。

人前で思いっきり笑えない。食事を美味しく食べられない…そんなコンプレックスに悩んでいる方が実は多くいらっしゃいます。ただ、目立つ矯正装置を数10ヶ月もつけて生活するのは、絶えられない。そういった声があるのも事実です。

矯正装置が見えにくい「舌側矯正(舌側矯正)」は、大人の矯正治療に最適です。

横浜駅前歯科・矯正歯科ではそうした成人の方々が気兼ね無く矯正治療を受けられるよう、「舌側矯正」や「マウスピース型矯正(インビザライン)」を中心に矯正治療を行っています。どちらも「目立ちにくい」ことが特徴の矯正方法ですが、「舌側矯正」は適用できる症状も幅広く、矯正用のアンカースクリューと併用することなどで、より難しい症状にも対応しております。

横浜駅前歯科・矯正歯科がわざわざ「大人の」と掲げる理由は、「矯正治療はこどものためのもの」と諦めていた、または敬遠していた成人の方々にぜひご自身の歯並びを改善する機会を見出していただきたいからです。食生活や呼吸、歯の健康といった実質的な面から、自分に自信が持てるという精神的な面まで矯正治療には多くのメリットがあります。

近年では大人の矯正も増えてきています。横浜駅前歯科・矯正歯科では、成人の方々に通っていただきやすいような、歯科というよりもサロンやホテルのような内装でみなさまをお迎えしております。全てがプラーベートにこだわった個室の診療室ですので、周囲を機にすること無く治療に専念いただけます。