マウスピース型矯正(インビザライン)で歯が動くのですか?

矯正を考えており、いろいろとリサーチをするうちにマウスピース型矯正(インビザライン)に興味を持ちました。透明で見えず、取り外しできるのは嬉しいことですが、これで本当に歯が動くのでしょうか?
ちなみに、私は出っ歯ぎみでその部分を治したいと思っています。(K.Sさま)

ご質問ありがとうございます。

マウスピースによる矯正方法はブラケットとワイヤーによる矯正方法とかなり違って見えるので、皆さん不安に思われるようですが、ワイヤー矯正と同様にマウスピース型矯正(インビザライン)でも歯はしっかりと動かせます。

マウスピース型矯正もワイヤー型矯正と治療の原理は同じです

ワイヤーであれ、マウスピースであれ、歯を動かしていく原理は同じです。歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられていますが、この骨(歯槽骨)は力を加えられると少しづつ変形していきます。

もう少し詳しくご説明すると、一本の歯に対し、力をかけられた面では歯の根っこは歯槽骨から離れようとします。一方反対側の面では、歯槽骨におしつけられる形となります。

離れようとした方では、その隙間をうめるように新しい骨が作られ、押し付けられた方ではスペースを作るように骨が吸収されていきます。

マウスピース型矯正(インビザライン)は日々進化しています

マウスピースでどう歯を動かしていく?

ワイヤー矯正では曲げたワイヤーが戻ろうとする力を使って歯を動かしていきますが、マウスピース型矯正では、現在の歯並びより「少しだけ理想の歯並びに近いマウスピース」を装着することによって歯に力をかけていきます。

全治療に使用するマウスピースは数十組(症状によって異なります)となりますが、その全てが少しづつ形が違います。治療開始の時期は、もとの歯並びに近い形で、治療が進むごとにウスピースの形は理想の歯並びへと近づいてきます。

マウスピースはおよそ10日〜14日ごとに次のマウスピースへと交換を行っていきます。新しいマウスピースを付けたては、歯がしめつけられるような圧迫感を感じますが、まさにこの時、歯へ矯正するための力がかかっているのです。

マウスピース型矯正は出っ歯にも対応できます

マウスピース型矯正は、ワイヤー型矯正に比べると適応範囲は限られていますが、それでも日々進化し、様々な症状に対応できるようになっています。

「出っ歯(上顎突出)」の場合、歯の"位置"だけでなく、"傾き"を修正していく必要があります。傾きのコントロールは矯正治療でも難しい動かし方となりますが、マウスピース型矯正の中でもインビザライン・システムは歯のコントロールがしやすく、「アタッチメント」と呼ばれるでっぱりを歯の表面につけ、マウスピースの窪みと対応させることで、歯への力のかかり方を細かくコントロールしていきます。

また出っ歯の矯正治療の場合、抜歯が必要となることもありますが、新しいインビザライン・システムでは抜歯を伴う出っ歯の矯正治療にも対応をしています。

横浜駅前歯科・矯正歯科では、マウスピース型矯正で数々の症例に向き合っています。マウスピース型矯正で難しいと思われる症状の場合には、無理に治療を進めず、他の治療方法のご提案も行なっていますので、マウスピース型矯正(インビザライン)で治療ができるのかどうか不安を感じている方はご相談ください。