矯正の治療期間はどのくらいですか?

矯正の治療期間はどのくらいですか?

矯正治療期間の目安

あくまで目安となりますが、上下顎対象の全体矯正を大人がする場合には2年から3年が平均的な治療期間となります。これは表側矯正でも舌側矯正でも特に差はありません。ただ、矯正治療も日々進歩しており、矯正治療期間を早めるための方法や処置も登場しています。

また、「部分矯正」と呼ばれる前歯部分だけの矯正治療の場合、主に抜歯を行わない軽い症状を扱うので、治療期間は数ヶ月〜1年と短い傾向にあります。

早さを追求する横浜駅前歯科・矯正歯科の治療

横浜駅前歯科・矯正歯科では、すこしでも早く歯を動かすために通常治療でもさまざまな工夫を行なっています。また、ある決まった期日までに矯正治療を完了させたい方へは矯正治療を早めるためのオプション治療もご用意しています。

デジタル設備の導入

矯正治療では「歯を動かす期間」ばかりに注目がいきますが、横浜駅前歯科・矯正歯科はその他の「治療計画にかかる時間」「矯正装置を準備する期間」へも目を向けました。
当院では3DCTや口腔内光学スキャニングカメラなどのデジタル設備を取り入れることで、検査から治療計画までの無駄を省いています。また、院内の技工室・グループの技工所ともデジタルでつながることによって、患者さまがより早く実際の治療に入れるような環境となっています。

歯科矯正用アンカースクリューの使用

矯正治療では重度の不正咬合や難しい症状ほど時間がかかる傾向にあります。横浜駅前歯科・矯正歯科ではワイヤー矯正での治療に「歯科矯正用アンカースクリュー」を用いることがあります。歯科矯正用アンカースクリューとはごく小さな歯科用のネジで、矯正治療中お口の中に設置することによって、歯を動かしていく際の支点とします。

歯を大きく動かす際や、難しい歯の動かし方が必要な時に利用することによって、効率的に歯を動かせるので、結果的に矯正治療期間が短くなることがあります。詳しくは以下をご覧ください。

矯正装置へのこだわり「セルフライゲーションブラケット」

 

当院では基本的にセルフライゲーション(摩擦が少ないタイプ)の装置を使用しています。従来のブラケットはワイヤーを専用のリングやゴムでがっちりと固定するタイプのものでした。セルフライゲーションブラケットは、ブラケットに開閉式のシャッターが付いており、ブラケットの溝にワイヤーを通したあと、そのシャッターを閉めるだけでワイヤーの設置が完了します。

従来はワイヤーがブラケットに固定されているため、ワイヤーの引っ張る力やワイヤーとブラケットの摩擦する力が歯に強く作用していました。一方セルフライゲーションブラケットでは、ブラケットとワイヤーは固定されていないので、多少の"あそび"を持ちながら、歯に対してゆるやかに矯正力をかけていきます。

そこでみなさんが思うのは「力を強くかけた方が、早く動くのでは?」ということだと思いますが、実は歯に対してゆるやかな力を加えた方が、歯周組織に負担をかけず理想的なスピードで歯を動かしていけるのです。結果的にセルフライゲーションブラケットは歯を速く動かす一助となっています。

マウスピース型矯正の併用でワイヤー装着期間を短く

ワイヤー矯正を選択された患者さまに関する話となりますが、当院では、「ワイヤー・ブラケットを装着する期間」を短くすることで患者さまの負担を軽くするコンビネーション治療も行なっています。治療期間の前半は舌側矯正(表側矯正)でしっかりと歯を動かし、ある程度歯並びが整ってきた時点でマウスピース型の矯正治療に変更します。実際の治療期間が短くなるわけではありませんが、矯正治療の負担が小さくなる方法のひとつとしてご用意しております。

治療期間を早めるオプション治療

横浜駅前歯科・矯正歯科では通常の矯正治療に矯正治療を早めるためのオプション措置を追加することもできます。この治療では症状や患者さまの歯並びによりますが、数ヶ月〜1年程度での治療完了を目指します。歯周辺の組織を活性化させ歯の動きを早めるフォトバイオモジュレーション装置(オーソパルス・オルソパルス)を使用するほか、必要に応じてコルチコトミーの処置をする場合もございます。詳しくは以下のページをごらんください。

保定期間について

矯正治療が完了したのちは「保定期間」と呼ばれる、矯正後の歯を安定させる期間に入ります。一定時間、マウスピース型の保定装置をつけることで後戻りを防ぐ大切な期間です。

矯正治療にかかる期間は「歯並び・不正咬合の種類」や、「年齢による歯の動きの違い」によって、まちまちです。また、矯正治療の方法によっても異なります。ご自身の治療期間の目安を知るためにも、せひご相談にお越しください。