メニュー

歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正

歯科矯正用アンカースクリューとは?

重度の出っ歯や受け口など難しい症状については、治療に長い時間がかかってしまったり、外科矯正に頼らざるをえませんでした。
けれども、歯科矯正用アンカースクリューの登場で歯列を大きく動かせるようになり、舌側矯正治療と組み合わせることで、より広い症状に対応できるようになりました。

歯科矯正用アンカースクリューとは、歯科用の小さなチタン製のネジです(わずか直径1.5mm程度)。失った歯の代わりに導入するインプラントと矯正用のアンカースクリューは異なります。歯科矯正用アンカースクリューは矯正治療の期間だけ口腔内に設置し、歯を動かす際の支点の役割を果たします。

歯科矯正用アンカースクリューの設置場所

歯科矯正用アンカースクリューを埋め込むのは、矯正治療の際に動くことのない骨格部分です。歯を動かす際の固定源を確保することで、歯を効果的に動かすことができるのです。

一般的な舌側矯正治療では、奥歯を固定源としていきますが、大きく動かそうとすると奥歯自体も動いてしまうため、歯の大規模な移動は簡単ではありません。そうした問題を解決するのが歯科矯正用アンカースクリューです。

電動トルクドライバーで設置

電動トルクドライバー

 当院では日本矯正歯科学会の「歯科矯正用アンカースクリューガイドライン*」に従って治療計画を策定し、患者さまには分かりやすい説明を心がけています。

アンカースクリューの設置は電動のトルクドライバーで設置を行います。電動のドライバーを使用することで、一定のスピードでブレずに設置が可能です。埋入する際に、スクリューが入る穴を広げず、安定した設置ができます。

患者さんにとってのメリットは、埋入スピードが遅いために痛みが少ないことです。また、ブレが少ないため、設置箇所の皮質骨を必要以上に広げず、設置後の安定も早くなる特徴があります。

*歯科矯正用アンカースクリューガイドライン

横浜駅前歯科・矯正歯科 「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正」の特徴

  • 1日本矯正歯科学会の「歯科矯正用アンカースクリューガイドライン」従って矯正治療をします

  • 2歯を大きく動かす治療に役立ち、治療の進みを早くします

  • 3歯の移動が難しい症例でもヘッドギアや外科手術を用いず、矯正治療ができる場合が多い(症状によって異なります)

  • 4歯科矯正用アンカースクリュー設置時の痛みへの配慮しています

  • 5矯正治療と同時にガミースマイル改善のご相談もOK

ガミースマイルとは?

gummy-img04

ガミースマイルとは笑った際に上の歯の歯茎が大きく見えすぎてしまうことを言います。芸能人にもガミースマイルの方は多く、必ずしも直さなければいけない、といったものではありませんし、チャーミングな特徴として捉えることもできます。
ただし、ガミースマイルは骨格や歯並びが原因になっていることも多く、ガミースマイルの方は噛み合わせ等その他の問題を抱えている場合もあります。

横浜駅前歯科・矯正歯科ではガミースマイルのご相談も承っております。

歯科矯正用アンカースクリューについての
よくある質問

表面に麻酔を施した後に局所麻酔をするので施術中の痛みはありません。
詳しく見る
治療終了後には歯科矯正用アンカースクリューは除去します。
詳しく見る
歯科矯正用アンカースクリューが安定してから使用するので、使用中の痛みはありません。
詳しく見る
舌側矯正ですと、およそ 3 週間に一度、マウスピース型矯正ですと 1 ヵ月〜 3 ヵ月に一度となります。
詳しく見る
症状によって異なりますが、通常 1 年〜2 年半程度となります。
詳しく見る

無料カウンセリングのご予約、各種お問い合わせは

1分でいつでも簡単WEBから予約お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-418-139