矯正治療でEラインは整うの?

みなさんは「Eライン」という言葉を耳にしたことはありますか?Eライン(エステティックライン)とは横顔の美しさのひとつの基準として、主に美容外科で用いられる言葉でした。近年では、「口ゴボ」という言葉も生まれたように、横から見た口元を気にする方も増えており、矯正歯科分野でも患者さまの口からお聞きすることが多いワードです。

Eラインとは?

Eラインとは顔を横から見た時、鼻と顎を結んでできる直線(ライン)のことで、横顔の美しさの基準として使われる場合が多くあります。そのEライン上か、Eラインよりも少し内側に口先が位置するような横顔が理想的だと言われています。

Eラインについては、鏡を見なくても、自分の人差し指を鼻先と顎先につけて確認ができます。人差し指に唇が当たらないか、軽く触れるくらいであると、理想的なEラインと言えますが、あくまでひとつの基準です。

矯正治療でEラインはきれいになる?

美容外科では、鼻の高さや顎を整形することで理想のEラインを作りますが、Eラインとはそもそもアメリカの矯正歯科医であるロバート・ケリッツが提唱したものです。矯正治療では「歯並びを治す」という印象が一般的に強いのですが、「横顔のバランス」「口元の美しさ」は「噛み合わせ」といった機能面にも関わるため、矯正治療においても、横顔の改善は意識的に行われます。

出っ歯や受け口とEライン

Eラインや横顔で悩んでいる方には、出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)の症状の方が多くいらっしゃいます。Eラインを基準に見た時、出っ歯の場合は、ラインの外へ口元が出ており、受け口の場合には顎部分がラインの外へ出てしまいます。

こうした出っ歯・受け口は不正咬合と呼ばれ、見た目だけでなく、噛み合わせにも問題を抱えている場合がほとんどです。矯正治療開始前には「セファロ」と呼ばれる横側からのレントゲン写真を使用し、頭部と口元のバランス評価を行います。

セファロの評価で
バランスを確認

セファロを撮影することで、「顎の大きさ・ズレ」「顎の形」「歯の傾斜角」「頭部に対する口元のバランス」が分かり、規格化されたものとの比較によって、どこをどう改善するのかという方向性を探ります。そうして作られる治療計画では、正しい噛み合わせはもちろんのこと、口元のバランス改善も考慮されます。噛み合わせと見た目は表裏一体で、バランスだけを重視した治療、機能だけを重視した治療というのは矯正治療では基本的にはありえません。

Eライン改善のための
矯正治療とは?

抜歯を伴う矯正治療で
Eラインに配慮

症状が軽微である場合には、歯の傾きや並びを整えることで、改善する場合もありますが、横からみた口元や口元の突出感を改善したい時には、「抜歯を伴う矯正治療」を行う必要があります。

不正咬合では顎の大きさや歯の大きさなどに何らかの問題があるため、歯がうまく並ばずに歯列が乱れてしまいます。そこで、抜歯を行うことで、歯がきれいに整列できるスペースを作り、前に出過ぎている場合には、後ろに下げてあげることができます。

健康な歯を抜くには抵抗がある、という方も多いと思いますが、症状によっては抜歯を伴う矯正治療が有効なことがあります。横浜駅前歯科・矯正歯科では、患者さまのご希望を伺いつつ、治療に抜歯が必要な場合には説明を行い、患者さまの了承のもと治療を進めていきます。

抜歯矯正

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリュー

近年では「矯正用アンカースクリュー」と呼ばれる小さなチタン製のネジを歯を支える骨の部分に設置し、矯正装置で歯を動かす際の補助として使用する治療が増えています。

このアンカースクリューの登場のおかげで、従来ではヘッドギアの装着や手術が必要だった症状でも、通常の矯正装置を用いて治療ができるようになっています。

出っ歯の場合、アンカースクリューを使用すると歯を後ろに引き込みやすいので、抜歯と組み合わせることで、口元の改善が期待できます。

Eラインでお悩みの方へ

Eラインのイメージ

日本人(東洋人)の顔立ちは、骨格の"彫り"が浅く、鼻は低めで顎が小さく、どちらかというと平坦です。そのため、口元が出やすく、顎が小さいために出っ歯で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

Eラインとは、もともと欧米人を想定にした基準ですし、美しさとは人の感じ方によって左右されるものなので、絶対的な基準はありません。

ただし、Eラインでお悩みの方は、噛み合わせが悪い、口が閉じない、滑舌に問題がある、など機能的な面での悩みを抱えている場合が多くあります。

横浜駅前歯科・矯正歯科では、これらの口元、横顔のお悩みの改善も考慮し治療計画を立案します。また当院ではデジタル設備の導入により、治療前のシミュレーションで、治療後の歯並びや口元を確認することができます。お悩みの方は、まずお気軽にご相談ください。

Eラインについての
よくある質問

口元を大きく下げたい場合は、抜歯が必要な場合が多いとお考えください。
詳しく見る
症状によりますが、口元の突出を改善したい場合には抜歯を行うことが多くなります。
詳しく見る