30代から始める矯正治療

30代での矯正治療

近年、大人の矯正治療は一般的になってきました。20代より上の矯正治療患者数は年々増えており、特に横浜駅前歯科・矯正歯科では、30代女性の矯正治療相談も増えてきています。

矯正治療には遅すぎるということはありません。こちらのコラムでは、30代で矯正治療を始めようとする方々がどのような目的で、どのようなことを考えて矯正治療を検討しているのかについてご紹介します。ぜひご自身の参考にしてみてください。

矯正治療を始めるのはどんな理由から?

仕事面での必要性にかられて、
キャリアアップに向けて。

30代のみなさんは社会的にも仕事の上でも責任のあるポジションにつくことが増えてきます。それに伴い、仕事を一緒に行う人たちやクライアントからの信頼感を獲得することも重要になってきます。人の印象は初対面で決まると言われ、特にビジネスシーンでは、第一印象がその先の仕事を左右することも。

その他の面で努力をしているからこそ、「身だしなみ・印象にもこだわりたい」という想いで矯正歯科の扉を叩く方が増えています。

キャリアアップのため、将来的な転職のためなど、更なるステップアップを目指す方々が、男性・女性にかかわらず矯正治療を選んでいます。

これからの身体、健康のために。

この先どのような生活をしていくか、どのような人生を歩むかを考えたときに、健康であることを重視する方、そうした意識が高まってきています。

デンタルケアもそのうちのひとつ。歯並びを整えることで、日々のブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクや口臭の問題などを減らすことができます。

また、女性の場合、妊娠時にはホルモンバランスの変化によって口腔内の環境が悪くなります。虫歯や歯周病になったとき、妊娠中も出産後も治療や通院はなかなか大変なものです。また、歯周病菌が体内を巡ると胎児や出産にも悪影響を及ぼします。そうしたリスクを事前に回避するため、矯正治療を行う、という方もいらっしゃいます。

新たな出会いや結婚に向けて、
自分を磨くため。

「これからの人生を共に歩んでいくパートナーに出会いたい」、「結婚式に向けて、より魅力的な自分へと変わりたい」、という想いから矯正治療に取り組む方もいらっしゃいます。

特に、整った歯並びと口元は、患者さま自身の魅力を大きく引き出します。30代の患者さまでは、ファッションやヘアスタイルに自分なりのスタイルを見つけ、自分の見せ方や魅力を理解し始める年齢だからこそ、矯正治療を選択するという印象を受けます。

矯正治療では、口元が整うことで自信も高まり、気持ちの面でもプラスの効果をもたらす場合が多いです。また、矯正治療の結果である「歯並び」や「噛み合わせ」の価値は時間が経っても変わらないものです。だからこそ、ご自身への投資と考えられるのが矯正治療です。

大人の矯正治療に適した
目立ちにくい矯正装置

横浜駅前歯科・矯正歯科では「舌側矯正」と「マウスピース型矯正」を中心に矯正治療を行っています。このふたつの治療方法はどちらも矯正治療中に装置が目立ちにくい特徴があります。症状に合わせて、早く歯を動かしていく方法や、軽い症状に対応した治療メニューもご用意。デジタル技術を活用した精密検査を通じてあなたに必要な治療をご提案いたします。まずは無料カウンセリングにお越しください。