メニュー

横浜駅前歯科・矯正歯科の治療特徴

患者さまに合わせた
矯正プラン

矯正治療で笑顔に

矯正治療は高い、時間がかかる。そう思い込んでいませんか?確かに、矯正治療は時間をかけて行う必要があります。また、矯正期間中は患者さまの普段の生活にも影響があります。

横浜駅前歯科・矯正歯科では、画一的な治療を提供するのではなく、患者さまに合ったオーダメイドの治療を行っています。

症状や希望に適した治療方法を検討、患者さまの負担に配慮した治療計画を練っていきます。ひとくちに「舌側矯正」「マウスピース型矯正」といっても、実はそのバリエーションがたくさんあります。

オーダメイド治療のための
検査・分析

横浜駅前歯科・矯正歯科では治療前の精密検査を大切にしています。精密検査は治療計画の要です。精密検査を経て、患者さまの症状に合わせた無理のない治療計画を立て、治療期間の算定をすることが可能になります。

精密検査を支える
デジタル機器

横浜駅前歯科・矯正歯科では 3DCT や 3D 光学カメラなどのデジタル機器を導入し、検査から治療計画、矯正装置作製に至るまで徹底的にデジタル技術を活用しています。

3DCTでは顎の骨の形態・歯の根っこ部分の状態など、目に見えない部分までを把握できるため、治療計画では無駄なく歯を動かしていくことができますし、リスク分析も可能になります。

また、3D光学カメラは従来シリコン印象で行っていたお口の中の計測(型取り)をカメラによるスキャニングで行うことができます。手作業で行う型取りでどうしても生じてしまう誤差を排除し、患者さまの歯型に合う装置を作製します。

部分矯正

期間面・費用面での
負担が少ない部分矯正

「前歯だけ」を矯正していく部分矯正は、対象歯の本数が少ないこと、歯を動かす距離が短いことから、全顎(全体)矯正よりも期間面・費用面での負担が小さくなります。

ただし、症状によっては部分矯正が適していない場合もあります。(噛み合わせの矯正が必要な場合や重度の噛み合わせ不正の場合。)そのような症状で無理やり前歯だけの治療を行ったとしても、思うような結果は得られないばかりか、リスクも高まります。

部分矯正が難しい場合には
他のプランをご提案

横浜駅前歯科・矯正歯科では患者さまが部分矯正を希望する場合、患者さまの希望を汲みつつも、部分矯正で良い治療結果が得られるかどうかを検討していきます。

部分矯正が難しい場合でも、患者さまの症状に合わせた適切なプランをご提案します。

矯正治療で大切なのは、安易な治療に走るのではなく、患者さまの症状に合わせた治療を受け、噛み合わせの改善まで含めた矯正を行うことです。

もちろん、部分矯正を適用できる症状も多く、特にすきっ歯、軽度のねじれや傾斜(出っ歯)には効果的で、症状によっては数ヶ月で歯並びがきれいに整うこともあります。

治療期間を短くするための
オプション

矯正治療の期間を短くするためのオプション治療

歯列の全体を動かしていく全顎(全体)矯正は矯正装置をつけての治療期間が通常 1 年〜 2 年半程度かかります。(※症状によって異なります。)この期間面での負担を少しでも減らしたいという方のために、横浜駅前歯科・矯正歯科では「治療期間を短くするオプション」を通常治療に付けることができます。

症状に合わせた
治療方法

難しい症状も負担少なく。矯正用アンカースクリューによる矯正方法

歯科矯正用
アンカースクリューの使用

歯科矯正用アンカースクリューはチタン製のごく小さなネジです。こちらをお口の中に設置し、そこを基点として歯列を引っ張るように動かしていくことで、通常の矯正治療では難しい歯の動きを可能にします。比較的重い症状の出っ歯やオープンバイト(開咬)などの症状に効果的に使うことができ、従来ではヘッドギアや外科矯正が必要であった症状も、アンカースクリューを設置することで治療することができます。※症状によって異なります。

サージェリーファースト
外科治療と組み合わせた矯正治療

出っ歯や受け口の度合いが強い症状は顎の骨に問題がある「顎変形症」です。この場合には、顎の骨を外科手術によって整えることで、噛み合わせや呼吸等の機能面と治療期間の負担を軽減することができます。顎の骨の整形を行ったのち、マルチブラケットやマウスピースによる矯正治療で咬合や歯並びを整えます。

無料カウンセリングのご予約、各種お問い合わせは

1分でいつでも簡単WEBから予約お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-418-139