こんにちは!横浜駅前歯科・矯正歯科です😊

早いもので5月もあっという間に終わろうとしています。そして来月は6月。

6月といえば・・・そう!June Bride(ジューンブライド)ですよね✨

ジューンブライドの由来などは諸説あるようですが・・・

西洋の神話に登場する、結婚・出産を司る女神「Juno(ユノ・ジュノ)」が由来であったり、

ヨーロッパが3月~5月に結婚を禁止されていた古い時代の結婚解禁日が6月であったこと、

6月はヨーロッパにとって梅雨が少なくベストシーズンであること等が挙げられています。

 

日本の6月といえば梅雨真っ盛りの時期ですが、ブライダルフェアが多かったり

海外の乾季を狙ってハワイやヨーロッパなどで海外挙式をされる方が多いようですね💕

そこで今回は『ブライダルに向けた矯正治療』をご検討されている方必見!!の内容をお届けいたします。

ブライダルを控えている方からいただくご要望で多いのが下記の3つ 

 ①目立たない装置で行いたい

 ②すぐに始めたい

 ③費用を抑えたい

 

上記3つは、ブライダルでない方も皆さま望まれることですが

ブライダルを控えてらっしゃる方は特に強く希望されることが多いように感じます。

特に「①目立たない装置で行いたい」に関しては必須事項になっています。

①目立たない装置で行いたい

当院で対応可能な目立たない装置は、裏側ワイヤー矯正マウスピース矯正の2つです。

ハーフリンガル(上が裏側/下が表側の装置)も比較的目立ちにくい装置で、こちらも対応可能です。

②すぐに始めたい

目立たない装置である裏側ワイヤー矯正とマウスピース矯正の装置は、

大体どこのクリニックでも約2ヶ月ほどの製作日数がかかります。

当院では大体1ヶ月~1.5ヶ月ほどの日数で出来上がりますので、

製作日数の間に虫歯治療や親知らずの抜歯を済ませていただき始める方が多いです。

ちなみに表側の装置は製作日数がかかりませんので、早く始めるには一番最適な装置です。

③費用を抑えたい

使用する装置によりますが、マウスピース矯正で行うのが一番費用を抑えられます。

ただし、マウスピースは作製日数がかかることと、奥歯から動かしていくことが多いため

治したいはずの前歯が動いてくるのが後の方になることが多いです。

そのため当院ではワイヤー矯正にマウスピースを併用することをご提案しています。

ブライダル矯正の費用はどのくらい?

ブライダル矯正の価格は110万円(税込)~となっております。

目立つ部分を先に表側のワイヤーでキレイに並べ、挙式前に目立たないマウスピースに切り替えて微調整をするという

上記の①②③を網羅した内容となっております。

(※凸凹の程度によっては別のプランをご提案することもあります。)

 

人生の晴れ舞台である挙式を最高の笑顔で迎えられるよう、最適な治療をご提案しております。

また、挙式後もしっかりとサポートしておりますので今後の永い人生も素敵な笑顔で過ごせるようお手伝いしております。

まずは無料カウンセリングでお話をお聞かせ下さい😊

          花嫁