こんにちは!横浜駅前歯科・矯正歯科です😊

矯正治療をしている方が周りにいらっしゃると、ゴムかけしているのを見たことがある方も多いと思いますが

果たして「何のためにやっているのか?」「大変そう」「喋りにくいのかなぁ」など

色々と疑問に思っていたというお声をよく耳にします。

そこで今回は『ゴムかけ』って何?どういう役割があるの?

というお話をしていきたいと思います。

ゴムかけとは?

顎間ゴムと言われ、小さなゴムの輪っかを上下の矯正器具に引っ掛けて、歯の動きを助けてくれるものです。

(裏側矯正の場合は、ゴム掛け用のボタンを一部表側の見えにくい位置に装着して行います)

ゴムは、引っ張られていると戻ろうとする力が働くので、その働きを利用して歯に力を加えます。

  エラスティック 顎間ゴム

どんな役割があるの?

①抜歯してできた隙間を素早く閉じるサポートをしてくれる⇒治療期間の短縮につながることもあります!

 矯正装置と顎間ゴムを併用すると相乗効果で歯が動きやすくなります。

 ゴムかけに協力的な患者様は矯正治療卒業が早いです。

 

②噛み合わせの改善⇒仕上がりの精度が上がります!

 歯を上下でしっかり噛ませる、噛み合わせを緊密化するためにも用います。

 噛み合わせがズレていることによる、正中のズレもゴムかけでの改善が可能です。

 ゴムかけに協力的な患者様は隙間なくとてもキレイな仕上がりの方が多いです。

ゴムかけの種類

【2級ゴム】上の前歯に近い位置から下の奥歯にゴムをかけることで、上の歯を後ろに動かす方法です。

      主に出っ歯の改善に有効です。               

        2級ゴム

【3級ゴム】上の奥歯と下の前歯に近い位置にゴムをかけることで、下の歯を後ろに動かす方法です。

       主に受け口の改善に有効です。

        3級ゴム

【垂直ゴム】上下とも前歯に近い位置にゴムをかけて、垂直に歯を動かして隙間を閉じる方法です。

       主に開咬の改善に有効です。

        顎間ゴム

他にもクロスゴムや正中ゴムなどがあり、歯の状態によって掛ける位置を変えて行います。

どの位置に引っ掛けるか、いつから始めるか、どのくらいの期間行うのかは

歯の動きや口腔内の状態によって異なりますので、医師の指示に従って行って下さい。

 

矯正治療を始めるとき、大体の方が「キレイな仕上がり」「治療期間が短い」ということを求めています。

それを叶えるには私たちだけの努力ではなく、患者様のご協力も必要不可欠です!

ゴムかけは慣れるまでは「引っ掛けるのが難しい」「面倒くさい」など手間に感じるかもしれませんが、

キレイになるため!早く終わるため!と思って頑張るとそんなに大変ではないことに気付くと思います。

そして見ているだけよりも、やってみると案外簡単だったりします✨

矯正治療中の方も、これから始める方もゴムかけ仲間になりましょう😄!