メニュー

ガミースマイルの改善

ガミースマイルを矯正で治す

gummy-first 「ガミースマイル」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?一般的に「ガミースマイル」というのは、笑った時に上顎の歯茎部分が多く見える口元のことを指して言います。
 原因の多くはもともとの骨格や歯にあり、歯茎が見える程度が大きい方の中には笑顔になるのを気にする方もいらっしゃいます。
 ガミースマイルはひとつの「個性」として考えることもできますし、「これくらい出ていたらガミースマイル」と決めつけることもできません。
 けれども、口元のせいで心の底から笑うことができない、どうしても口元を直したい、そうした希望を持った方には、矯正治療によって「ガミースマイル」を改善することができます。

ガミースマイルとは?

 ガミースマイルとは、笑った際に上の歯の歯茎が大きく見えすぎてしまうことを言います。ただ、芸能人にもガミースマイルの方は多く、必ずしも直さなければいけない、といったものではありませんし、チャーミングな特徴として捉えることもできます。下の図をご覧いただくとよく分かりますが、ガミースマイルの口元では、上の歯の歯茎部分がもう一方の口元より見えています。気にされる方は多いのですが、歯並びが美しく、歯茎が健康である場合にはむしろ快活な印象を相手に与えることもあります。
 ただし、ガミースマイルは骨格や歯並びが原因になっていることも多く、ガミースマイルの方は噛み合わせなど、その他の問題を抱えている場合もあります。当院では、歯科用CTによる精密検査で問題の原因を把握してから治療計画を立てます。気になる方は、まずはご相談ください。

ガミースマイルの原因

 「ガミースマイル」になる原因にはいくつかあります。骨格や歯が原因となっている場合の他、上唇を持ち上げる筋肉に問題がある場合、歯茎自体に問題がある場合など大きく分けて3つほどの原因が考えられます。手軽な対症療法もいくつかありますが、骨格や歯が原因となっているガミースマイルの場合、歯列矯正治療によって上の歯と歯茎を上方に引き上げつつ歯列も整えることで理想的な口元を作り上げることができます。

  • 1 骨や歯が原因となる場合

     上顎の骨が縦に長い場合や、上顎の骨や歯が下顎と比べて前に出ている「上顎前突(出っ歯)」の場合にガミースマイルを引き起こしやすくなります。唇に対し、上顎の歯茎のアーチ部分が相対的に長くなるので、歯茎部分が唇に収まりきらずに出ます。逆に言うと歯茎部分が上唇を押し上げてしまい、歯茎が露出してしまう傾向にあります。
     横浜駅前歯科・矯正歯科では、こうした骨や歯並びが原因となっているガミースマイルの治療を行っています。この場合、ガミースマイルの問題だけでなく、噛み合わせの問題を抱えていることも多いので、矯正治療を行うことによって「骨格」や「歯並び」に働きかける根本的な治療が効果的です。

  • 2 唇に問題がある場合

     上唇を持ち上げる筋肉(上唇挙筋)が強く、また筋肉の緊張が強い場合には唇が必要以上に引き上げられて歯茎が見えてしまいます。上唇挙筋が強い人では、笑った際に唇が引っ張られ薄く見える傾向にありますが、筋肉に問題が無くとも、もともと上唇自体が縦に短い人でもガミースマイルになることがあります。
     治療方法としては、注射によって上唇挙筋に働きかける方法や、上顎の歯茎から上唇にかけての粘膜部分を切除し、縫い縮める方法があります。
     これらは比較的手軽な治療ですが、注射による働きかけは効果が永続しないので、定期的に処置を受ける必要がありますし、粘膜の切除では縫合部分の違和感や後戻りの問題がでることもあります。

  • 3 歯・歯茎に問題がある場合

    歯茎が発達しすぎ、歯に覆いかぶさっているために笑った際に歯茎が目立つことがあります。歯の露出部分が少なく、歯が小さく(短く)見える人の場合、この原因でガミースマイルとなっていることがみられます。
     治療方法としては「歯肉形成」といい、歯周ポケットの深さの範囲内で歯茎のを切除し歯と歯茎のラインを上げる治療があります。ただ、知覚過敏などのリスクがある他、歯茎が後退したように見えてしまうこともあるので注意が必要です。

ガミースマイルの治療

 ガミースマイルの治療には比較的手軽な対症療法として、ボトックス注射や唇や歯茎へのアプローチなど様々ありますが、横浜駅前歯科・矯正歯科では、歯列矯正によって根本的な原因に向き合う治療を行っています。上顎自体に原因があり、症状が難しい場合には「外科矯正治療」という選択肢もありますが、当院では「矯正用インプラント(インプラントアンカー)」を使用したガミースマイルの矯正治療も積極的に行っています。

インプラントアンカー(歯科矯正用アンカースクリュー)を用いた矯正治療

ガミースマイルの改善は以前では外科矯正に頼らざるをえませんでした。けれども、インプラントアンカーの登場で歯列を大きく動かせるようになり、外科手術を伴わない矯正治療でもガミースマイルの治療ができるようになりました。
 「インプラント」と聞くと失った歯の代わりに設置する人工歯のことを思い浮かべる方も多いかと思いますが、インプラントアンカー(歯科矯正用アンカースクリュー)とは、歯科用の小さなチタン製のネジで、 矯正治療の期間だけ口腔内に設置し、矯正装置と組み合わせることで、歯を動かす際の支点の役割を果たします。

gummy-img02 インプラントアンカーを埋め込むのは、矯正治療の際に動くことのない骨格部分です。歯を動かして行く際のしっかりした固定源を確保することで、歯を効果的に動かすことができるのです。
一般的な矯正治療では、奥歯を固定源としていきますが、奥歯自体も動いてしまうため、歯の大規模な移動は簡単ではありません。そうした問題を解決するのがインプラントアンカーなのです。
ガミースマイルの矯正的アプローチでは、上顎の前歯を下げること噛み合わせをあげる(上の歯の位置をあげる)ことが重要になります。
必要に合わせて抜歯を行い、歯の位置を少しずつ動かしていくとともに、噛み合わせを調整し、機能的にも見た目の面の両方で問題を解決していきます。

ガミースマイルについての
よくある質問

■ ガミースマイルの治療にはどのくらいの費用がかかかりますか?

横浜駅前歯科・矯正歯科では「ガミースマイル改善治療」を1,500,000円(税別)でご用意しております。
詳しく見る

■ インプラントアンカーは矯正終了後どうなりますか?

治療終了後にはインプラントアンカーは除去します。
詳しく見る

■ インプラントアンカーはどのように設置しますか?

埋入箇所へ局所麻酔を施し、電動トルクドライバーを使用して設置します。
詳しく見る

■ 骨にインプラントアンカーを入れる際に痛みはありますか?

表面に麻酔を施した後に局所麻酔をするので施術中の痛みはありません。
詳しく見る

■ 通院の頻度はどのくらいですか。

通院の頻度について患者さまからのご質問です。
詳しく見る

■ 矯正の治療期間はどのくらいですか?

通矯正の治療期間について患者さまからのご質問です。
詳しく見る

無料カウンセリングのご予約、各種お問い合わせは

1分でいつでも簡単WEBから予約お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-418-139