裏側の装置は治療期間がかかりますか?

裏側の装置は表側の装置と比べて治療期間がかかりますか?

現在では裏側に装置がつく舌側矯正は唇側矯正(表側矯正・ラビアル矯正)との治療期間の差はほとんど変わりません。以前は「舌側矯正=時間がかかる」と考えられていたのですが、治療の進め方、ブラケットの進化など様々な点で改良が進み、期間の差は無くなってきています。

「インダイレクトボンディング」で
装置を計画通りに配置

舌側矯正が「唇側矯正よりも時間がかかる」と言われていたひとつの理由に、「歯の裏側へブラケットを装着するのは難しい」ということがあります。

カスタムメイド装置で歯に合わせる

歯の裏側は表側に比べて複雑な形をしており、凹むようにカーブしているため、表側のように規格製造されたブラケットが接着しづらいときもあります。そのため裏側につけるブラケットは患者さまの歯に合わせたカスタムメイドのものを使用することが多くなります。以前ではその製作に時間がかかっていましたが、現在ではデジタル技術の導入によってその時間が短縮されています。

装置の位置決めをより厳密に

唇側矯正では目視でブラケットの位置を確認しながら装着する「ダイレクトボンディング」の方法がとられていますが、舌側矯正でダイレクトボンディングを行うのはかなり困難を極めます。

そこで開発された方法が「インダイレクトボンディング」です。インダイレクトボンディングは歯型模型で決めたブラケットの位置・角度などを変えずにそのまま歯へ装着させる技術です。イメージとしては「スタンプ」に近いでしょうか。あらかじめ「コア」と呼ばれるガイドを作り、そこに歯型模型上で決めたポジションのブラケットを"写し取り"ます(仮固定します)。

コアは患者さまの歯の形状にぴたりと合うように作られているので、コアをブラケットごと歯型模型から外し、患者さまの歯に設置。ブラケットを歯に接着し、コアを外せば、ブラケットをスタンプしたかのように、歯型模型時と同じ位置にポジショニングされます。

ブラケットのポジショニングは結果に関係します

ブラケットの接着位置は、歯にかかる力の大きさや方向性にかかわります。つまり、治療の進行・結果・スピードに大きく関わってくるものです。舌側矯正のインダイレクトボンディングは表側矯正のダイレクトボンディングに比べると技工の手間がかかるものの、装置の接着位置を治療計画にそって厳密に決めることができ、だからこそ治療の予測実現性(治療計画通りに進む確率)も高まるのです。

セルフライゲーションタイプの装置で
歯の動きをはやめる

舌側矯正のコントロールが難しい、時間がかかる、と言われていたのは、舌側矯正と表側矯正の力学的な違いにもあります。

舌側矯正は唇側矯正にくらべて、ブラケットとブラケットの間の距離が短くなります。その結果、ワイヤーが引っ張る力は表側より強くなります。一見強い力の方がよさそうに思えますが、矯正治療は必要以上に強い力をかけると、歯根吸収の(歯の根が周りの骨に吸収され短くなってしまう)リスクや痛みを伴います。それを避ける為、舌側矯正ではより弱いワイヤーを使わなければならなかったのです。

ところが近年ではセルフライゲーションタイプのブラケット開発により、ワイヤーの矯正力のコントロールが容易になりました。このブラケットはブラケットにワイヤーを固定せず、ホルダー部分に通すだけなので、ワイヤーの力が直接歯に作用しないような「あそび」が生まれます。ワイヤーとブラケットがこすれる際に生じる摩擦力もわずかで、必要な力が歯にゆるやかに伝わっていきます。

矯正治療では、歯周組織に負担をかけない程度の矯正力が保たれたときに、歯の動くスピードははやくなります。セルフライゲーションブラケットを選択することで、舌側矯正であっても、理想的なはやさで矯正治療を行うことができるのです。

舌側矯正はメリットの多い矯正方法です

このように、最近では舌側矯正を選んでも、唇側矯正との治療期間の差はさほどありません。そしてインダイレクトボンディングやセルフライゲーションブラケットは治療の結果に貢献する特徴です。

また、舌側矯正の力のかけ方は前歯をしっかりと下げる治療に向いており、症例によっては期間・結果の観点からも積極的に舌側矯正をおすすめしたいものもあります。

とはいえ、唇側矯正とは歯のコントロール方法が大きく異なる舌側矯正です。舌側矯正をお考えの方は舌側矯正治療を数多く行ってきているようなクリニックの選択をしていただきたいと思います。