前歯の乱ぐい、噛み合わせが気になります。目立たず短期間で終わる方法はありますか。

前歯の乱ぐい、噛み合わせが気になり矯正を考えていますが、目立たず短期間で終わる方法を探しています。
部分矯正、マウスピース型矯正(インビザライン)を希望していますが、前歯の重なりが結構ひどいので可能かどうか心配です。 上記の方法が無理な場合、裏側矯正は可能でしょうか?

ご質問ありがとうございました。プライバシーの都合上こちらでは公開いたしませんが、ご質問者からお口の写真をいただいたので、その写真を元にお話いたします。

部分矯正やマウスピース型矯正の可能性

写真を拝見させていただくと、上の前歯の重なりが強いだけではなく前から2番目の歯は上と下の歯が反対咬合になってしまっています。したがって上下の歯の調整が必要ですので部分矯正は難しいです。また、精密検査を行い、治療計画を立ててみないと何とも言えませんが、凸凹の度合いが大きいのでマウスピース単独での治療も時間がかかり難しいかと思います。

裏側矯正をおすすめします

一方、裏側矯正では凸凹が大きくても問題なく治療が行えます。ご質問者さまの歯並びですと、歯と歯の重なりが大きい部分には、治療の当初、歯の裏側に装置を着ける部位がありません。このような場合は「セパレート」と呼ばれる細いゴムを歯の間にかませ、徐々に前歯の部分へ隙間を作って装置を着けていきますので、ご安心ください。難しい治療のように感じられるかもしれませんが、こうした症例の治療も多く経験してきております。

矯正治療の見栄え・期間について

裏側矯正であれば目立たない方法ですので、質問者さまの意図に沿っています。矯正治療には 1 年半から 2 年程度を見ていただく必要がありますが、裏側矯正は治療期間の前半段階で前歯部分が整いやすい特徴があります。

また、症状によっては歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療を組み合わせたり、生体への働きかけを行うなど治療期間を短くするための処置も追加できます。ワイヤーの矯正装置に抵抗がある場合には、ある程度歯並びが整ってきた段階でマウスピース矯正に切り替える選択肢もございます。

前歯の凸凹は、治療後は見違えるようにキレイになります。ぜひ、前向きにご検討ください。