抜歯のない矯正の場合、口元が前に出る可能性はありますか。

抜歯のない治療をした場合、 現在より口元が前に出る可能性はありますか?
現在の状況ですと、 無意識のときに若干口が開いているときがあります。その為、これ以上歯が前にでると口がもっと開いてしまうのではないかと心配です。
また、抜歯の場合、抜歯による痛みで 仕事に影響が出ないかが不安で、極力非抜歯での治療ができればと思っております。よろしくお願いします。

抜歯のない矯正治療について

ご質問ありがとうございます。
抜歯のない矯正治療ができるのか、抜歯が必要なのかは、実際に患者さまの歯並びや顎の状態などを見てみない限りは判断がむずかしいのですが、非抜歯治療でも側貌が今より悪くなることはありません。

抜歯のない矯正では、歯列のアーチを広げる・歯のエナメル質をわずかに削る(ディスキング*)ことによってスペースを作り出し、そのスペースを使って歯を整列させていきます。逆に言えば、そうして作り出した少しのスペースで十分に治療が可能な歯並びに非抜歯矯正は適用されます。非抜歯矯正は後戻りしやすい、とお思いの患者さまも時々いらっしゃいますが、無理のない治療計画のもと行われる非抜歯矯正には何ら問題はございません。先日も治療後2年経つ患者さまがメインテナンスにいらっしゃいましたが、後戻りは全く生じていませんでした。
ただし、抜歯のない矯正治療で抜歯治療のように側貌を改善するのは難しいです。出っ歯や受け口で悩んでいる方は、口元を引き下げたいと考えますが、歯列を後ろへ下げ、側貌(横顔)の印象を変えたいときには、それだけのスペースが必要になるため、抜歯治療が必要となるかもしれません。非抜歯矯正についてのより詳しいお話は非抜歯矯正でもしていますので、どうぞご覧ください。

抜歯のない矯正は本当にいい治療?

*「ディスキング」とは、歯の大きさを調整するため歯のエナメル質をわずかに削る方法です。削ることによって歯と歯の間にスペースを生みだしますが、削った箇所は見た目で全く分かりませんし、フッ素を使用することによって虫歯の予防も行っていきますので歯の健康には心配ございません。(総院長が自分自身の矯正治療でも行っています。)

抜歯の痛みについて

ちなみに抜歯ですが、矯正治療での抜歯は主に第1臼歯や第2臼歯を抜くことが一般的ですが、抜歯の時には麻酔をしますので、痛みを感じることはありません。麻酔が切れたあと痛みが多少でますが(痛みが出ない方もいらっしゃいます)、痛み止めを処方いたしますし、痛みは長くは続きません。健康な歯を抜くことには抵抗感があるかと思いますが、抜歯の痛みで仕事に手がつかなくなるということはごく稀かと思われます。当院では不必要な抜歯は行い方針ですので、迷っていらっしゃる場合にはご相談ください。

また、遠方とのことですから相談時に一度に検査をすることもできます。ぜひ前向きに検討してみてください。