矯正治療の抜歯について

歯を抜かないのはよい歯列矯正?

最近、矯正治療で抜歯を避ける、歯を抜かない、といったワードをよく耳にしませんか?インターネットなどを見ると「矯正治療では健康な歯を抜くべきではない」というような意見もあります。確かにそうなのですが、かみ合わせ・歯並びの症状によっては、リスク面・治療後の仕上がりの点から抜歯を行う方がよいものもあります。矯正治療を専門的に扱うクリニックの立場から、矯正治療の抜歯にまつわる「ウソとホント」を分かりやすくお話します。

矯正治療における抜歯の目的

椅子取りゲームをイメージしてみましょう

矯正治療と抜歯の関係を説明するときによく使われる例えが「椅子取りゲーム」です。小さい頃遊んだ記憶がみなさんにもあるのではないでしょうか?

歯は歯槽骨(しそうこつ)というU字型の骨の上に生えています。歯が大きかったり本数が多い場合、また反対に歯に対して歯槽骨が小さいなど、この歯が並ぶスペースが無い場合は、4人の人が3つのイスに座れないのと同様に歯がきれいに生えることができません

その状態を改善するため、「イスを増やす方法」が抜歯を伴わない矯正治療で、「座る人を減らす方法」が抜歯を伴う矯正治療です。

抜歯をしない場合の「スペース」の増やし方

それでは矯正治療で抜歯を行わない場合について見ていきましょう。これには大きく3つの方法があります。1つは「歯を抜かず奥歯をより奥に移動する」方法、もうひとつは「歯を抜かず歯並びを外側に拡げる」方法、そして「歯を抜かず歯を削って隙間をつくる」方法です。

奥歯を奥へ移動させる

奥歯を更に奥に移動させることでスペースを作り出し、歯が収まる場所を作ります。奥歯を動かす矯正治療は以前の矯正治療では難しいものでしたが、歯科矯正用アンカースクリューの登場でできるようになってきました。その際、トラブルの原因になりやすい「親知らず」は基本的に抜歯します。「抜かない」とは「親知らず以外の歯を抜かずに治療を行うこと」とお考えください。

歯列の幅の拡張

歯が生えているU字型の骨(歯槽骨)の範囲以内で歯列のアーチをごくわずかに広げ、スペースを作り出します。アーチを広げるのは僅かなので顔の輪郭が大きくなることはありませんが、歯を並べるためのスペースもわずかにできるほどなので、歯並びによっては適しません。

歯を僅かに削って拡張

歯の表面にあるエナメル質を僅かに削ってスペースを作り出します。例えば1本あたり 0.3mm 削ると歯2本の間にできるスペースは 0.6mm となります。削った側面はフッ素コートを施して虫歯の原因とならないように処置します。この方法はディスキング(ストリッピング・IPR)と呼ばれており、抜歯を行なわない矯正治療でよく行われる処置です。

矯正治療で抜歯をしないメリット

矯正治療で歯を抜かないことのメリットは、そのまま「健康な歯を残せること」となります。健康な歯をできるだけ残していれば、将来的に虫歯や怪我などで歯を失うことになっても治療方法の選択肢が広がります。ただ、よく混同される方がいるのですが、一般歯科で言われる「歯を削らない」・「歯を抜かない」という虫歯治療と歯列矯正の「抜歯をしない」では、その性質が全く異なりますので注意してください。

矯正治療で抜歯をしないことのデメリット

  • 1歯肉退縮のリスク
  • 2口元や横顔の改善は難しい
  • 3重度の歯並び不正への対応が難しい

それでは、デメリットにはどんなものがあるでしょう?主に上に挙げたようなものがありますが、全てに関係することは抜歯をせずに行う矯正治療は適用できる症状が狭いということです。少しでも無理をして抜歯をせずに矯正治療を行うと、「1歯肉退縮」のようなリスクを伴います。

歯肉退縮について

歯肉が下がってしまう症状(歯肉退縮)は矯正治療全般で起こりうるリスクではありますが、狭いスペースに無理やり歯を並べようとすることで、歯ぐきに負担が掛かり、歯茎が後退すること(歯茎が下がって歯が長く見えてしまう)もあります。※歯肉退縮にはその他の原因もあります。

Eラインについて

「きれいな口元」のひとつの基準としてはEラインと呼ばれるものがありますが、抜歯を避ける場合、理想的なEラインの実現(口元の改善)が難しくなります。

検査と分析を行った上で、「抜歯をしない」と計画した治療であれば、治療前よりも口元が悪化することはありませんが、歯並びがきれいになっても、口元の出っぱりは以前とそれほど変わらない、ということが抜歯を行わない場合には起こりえます。

矯正治療とEライン

一番大切なことは「噛み合わせ・機能が改善されるかどうか?美しく整った口元で笑顔に自信がもてるか?」ということです。歯を抜かないことばかりにとらわれてしまっては、歯列矯正の目的を見失いかねないので信頼できるクリニックでドクターとしっかり話をしてから決めましょう。

デジタル設備を用いた
精密検査が治療を支えます

横浜駅前歯科・矯正歯科では、単純に「歯を抜かない矯正治療が良い」「歯を抜く矯正治療が良い」というステレオタイプの治療を行うのではなく、「何が患者さまにとって適しているのか?」を大切にします。

それを可能にするのがデジタル設備を用いた精密検査とシミュレーションシステムです。「歯科用 3DCT」を使用することによって「歯」だけでなく「顎部分」を立体的に把握でき、治療計画やリスク管理に役立ちます。また、「3D スキャニングカメラ」によって歯型がデジタルデータとして扱えるようになり、コンピューター上でシミュレーションが可能になりました。このシミュレーションでは治療の進行に合わせた歯列の動きを患者さまにもご覧頂けるため、ドクターと患者さまとの共通認識を持つ上でも重要な設備です。

「歯を抜く」・「歯を抜かない」の言葉に惑わされず
あなたに必要な治療方法を選んでください

私たち横浜駅前歯科・矯正歯科では開院以来、患者さまの痛みに対処した治療、身体の負担の少ない矯正治療 (これらを低侵襲と呼びます) に徹底してこだわってきました。
そのために精密な検査と診断、そして治療計画を大切にしています。患者さんのご希望と目的に沿って、よりよい治療を提案・実践しています。矯正治療での抜歯のあり・なしというステレオタイプではなく「何が患者さまにとってより良い治療なのか?」というところから始めるのが、私たち横浜駅前歯科・矯正歯科のスタンスです。
お悩みの方はぜひ一度、無料カウンセリングにお越しください。どんな不安やご質問にも誠心誠意お答えいたします

矯正治療の抜歯について
よくある質問

口元を大きく下げたい、Eラインを改善したい場合は、抜歯が必要な場合が多いとお考えください。
詳しく見る
凸凹の量にもよりますが、抜歯をせずディスキング(IPR)で対応できるかもしれません。
詳しく見る
当院ではできるだけ抜歯は行わないで矯正治療を行っていくよう治療計画を検討します。
詳しく見る