裏側矯正治療中、食べてはいけない物はありますか?

裏側矯正治療中、食べてはいけない物はありますか?

基本的にはどんなものでも食べて頂けるのですが、矯正治療中は装置に食べ物がくっついたり、引っかかったりして、ワイヤーや接着したブラケットが外れる恐れがあります。

矯正治療中できれば避けたい食べ物

舌側矯正や唇側矯正など、マルチブラケット型の矯正治療の場合、ガムやキャラメル、お餅などの粘着力のある食べ物は避けたいところです。装置にくっつき取りづらいだけでなく、装置が外れてしまうこともあります。

強くかみ締める食べ物も要注意

また、おせんべい、フランスパン、りんごなどのかたい物は、強くかみ締める際や食べ物が装置に当たって力が加わった場合、装置が外れてしまう原因にもなります。できるだけ小さくしてからお口の中に入れ、ゆっくり奥歯で噛むようにしてください。かたい食べ物やかみ切りにくい食べ物は、食べる前に小さく切っておくことで、装置が外れるリスクを避けることができますし、痛みを感じる時にも食事がしやすくなります。

食べにくいもの

問題なく食べていただくことはできますが、矯正装置にからまるなどして、患者さんによっては食事をする際に不快感を覚える食べ物もあります。特に、「細い麺類(パスタ・ラーメンなど)」「えのき・もやし・白菜・青菜等の繊維質の細長いもの」などです。

食事の際には、細い麺類を避け、太めの麺類や短いパスタ・ニョッキなどを選択したり、自宅で料理される際には、いつもより細かく刻んだり…と少しの工夫で矯正治療中の食事問題にも対応することができます。

また、歯の裏側に装置がつく舌側矯正であれば、食事中も(たとえ装置に食品がひっかかったとしても)人の目は気にすることなく食事を楽しむことができます。表側に装置がついている場合には、一口ごとに気を使うこともありますが、裏側についている場合には、他人との食事にもそれほど気をつかう必要はありません。もちろん、食事後は歯ブラシなどでしっかりケアを行いましょう。