裏側矯正治療にはどんな種類があるのですか?

裏側矯正治療にはどんな種類があるのですか?

本院である「渋谷矯正歯科」は「見えない裏側矯正」専門クリニックとして数多くの症例を扱ってきました。横浜駅前歯科・矯正歯科ではその経験とノウハウを存分に生かし、裏側矯正の治療を行っていきます。
「裏側矯正」と一口に言っても、他の治療方法との組み合わせなども含めると様々な種類の治療法が存在します。
こちらでは「裏側矯正」で使用する装置をご紹介しましょう。
装置だけでも次のように数種類あります。

・セルフライゲート
従来の矯正装置のように針金で結んだりゴムで止めない開閉式のスライド構造になっているため、摩擦がかからず、歯が動きやすく痛みも少ない特徴があります。また最大部分の厚さが2.1mmと非常に薄いため、患者さまの違和感が少なく、歯磨きやクリーニングもしやすい点がポイントです。

・ S.t.b. (スモールタイプ)
数ある裏側矯正のブラケットの中でも、極めて小さく丸みを帯びた形で「話しにくい」「食べづらい」と言われていた矯正装置の問題が劇的に解消されました。 また、ワイヤーの摩擦を抑える独自のメカニズムにより、痛みが少なく歯の移動が素早く行える点が最大の特徴です。

・ベーシック
従来の裏側矯正装置(Kurzなど)より小さく、患者さまの違和感も少ないブラケットで、stbに比べやや大きめです。歯磨きのしやすさにも優れた、まさにベーシックタイプの「見えない裏側矯正」装置です。

・インビザライン(マウスピースタイプ)
透明なマウスピースタイプの矯正装置で、厳密には裏側ではありませんが装着時に全くと言って良いほど目立ちません。一方、治療範囲に制限があり歯を大きく動かすことは出来ません。マウスピースのみで難しい場合は、今までのブラケットを使った装置と併用することで、ブラケットの装着期間を短縮することが出来ます。患者さまの中にはブラケット装置を早く外すために使用する方が増えています。