凹凸や出っ歯などには審美治療と矯正治療どちらが良いのですか?

凸凹や出っ歯などを審美治療でも治せると聞いたのですが矯正治療とどちらが良いのですか?

「短期間で行う」という観点からみると、矯正治療をするよりもセラミックの差し歯にしたり、ラミネートベニアで見栄えを直す方が簡単かもしれません。

セラミックを用いた歯並び矯正にはリスクもあります

しかし、無理にセラミックをかぶせたり、見た目だけを重視してきれいにしたりすると、かみ合わせなど機能面への配慮が十分に行えないことがあります。その状態での食事や噛みしめは、本来とは違う方向から力をかけることになります。

これによって歯に負荷がかかり、歯が欠ける、歯の根から折れてしまうといったトラブルが生じることもあります。

またどれほど丁寧に治療を行っても、セラミックの差し歯には寿命や欠損の恐れがあります。セラミックを被せるために削った歯は弱くもなるため、将来的に被せ物や歯の根の治療が必要になる確率が高くなることも考慮にいれておいてください。

矯正治療とセラミックの審美治療は目的・方法が異なります

そもそも、矯正装置で歯を動かしていく「矯正治療」と「セラミックの審美治療」は目的が異なります。矯正治療は歯並びやかみ合わせを機能的・審美的観点から改善していきます。一方セラミックの審美治療は変色や欠損、大きさの問題など「歯」自体に問題がある時に効果を発揮する治療方法です。

例えば、虫歯で前歯に穴が開いている、前歯の大きさがまちまちで見栄えが悪い、といった時には審美治療で歯を修復・整形して、結果的にきれいに揃った歯へと改善することができます。

その一方で、前歯の生えている位置がバラバラな乱杭歯(でこぼこ・叢生)、歯が重なり合った八重歯、出っ歯など、かみ合わせや重度の歯のでこぼこには矯正治療が適しています。審美治療では歯の根の位置まで変えることはできないので、このような症状の場合、後々のかみ合わせ・機能を考えるのであれば、やはり矯正治療がおすすめです。

患者さまのご希望を伺った上で、治療のご提案をします

差し歯で短期的に解決するか、しっかりと矯正治療をするか。患者さまのニーズも考慮すると、どちらがいいとは一概には言えませんが、歯科医の立場からは機能性と美しさを兼ね備えた根本的な治療が患者さまの生涯の利益になると考えます。もちろんカウンセリング、診断後の治療については患者さん自身で判断していただきます。

横浜駅前歯科・矯正歯科では、矯正治療・審美治療のどちらにも対応しており、矯正治療と審美治療の組み合わせによって、より美しい口元を目指すことも可能です。医師の説明をお聞きになった上で患者さまにお選びいただけます。