こんにちは!横浜駅前歯科・矯正歯科です😊

ついに梅雨の季節がやってきました☔

ひどい雨の日は外に出るのも億劫になりますよね・・・。

そんなときはオンラインカウンセリングがお勧めです♪

今まで気になっていたけど、なかなか一歩踏み出せなかった方も

まずは話を聞いてみると意外と始めやすい、良いきっかけになると思います!

 

さて今回は『リテーナー(保定装置)』についてお話したいと思います。

そもそもリテーナーってなに?

リテーナーとは・・・保定装置とも言いますが、歯列矯正をしてキレイに整った歯並びが

元の状態に戻ってしまう後戻りを防止するための装置のことです。

歯列矯正後に装置を外した瞬間から後戻りし始めますので、矯正治療中よりも

実は保定期間(リテーナーを付けて過ごす期間)の方が大事であるとも言われています。

せっかく費用と期間をかけて頑張ったのに、もとに戻ってしまっては

とてももったいないですし、悲しいですよね😥

なので、リテーナーを正しく使用して、しっかりと保定期間を過ごしていただきたいと思います。

リテーナーにはどんな種類があるの?

リテーナーの種類は大きく分けて3タイプあります。

  クリアリテーナー

1⃣クリアリテーナー

 マウスピースタイプのリテーナーです。

 取り外しができるタイプのため、つけ忘れや紛失・破損等には注意が必要です⚠

 ただ、着脱できて取り扱いがしやすく、歯磨きがしやすい・目立ちにくいのが最大のメリットです。

 そして喋りにくさも比較的慣れるまでが早いため、当院でも取り扱うことが多いリテーナーです。

 

  Fix

2⃣FIX(フィックス)

 ワイヤータイプの固定式リテーナーです。主に下の前歯6本に用います。

 上の歯にも使用可能ですが下の歯と当たって外れやすいため、あまりお勧めしていません。

 外れたらその都度つけ直しが必要になることと、歯磨きのしにくさがありますが

 審美性はダントツの装置です。

 全体的な後戻り防止のためには、マウスピースとの併用をお勧めします。

 

  プレートタイプ

3⃣プレートタイプ

 着脱可能なリテーナーです。

 歯の表側をシルバーワイヤーで押さえて、裏側をレジンのプレートで支えるものが一般的ですが、

 表側に目立ちにくい透明な素材を使用したタイプもあり種類も豊富です。

 作製に時間がかかるのと、喋りにくさに慣れるまで時間がかかりますが

 奥歯のかみ合わせを安定させるには最適な装置です。

保定装置を使う期間はどのくらい?

 後戻りは、その方の歯の周辺組織の状態などによります。

 ですので厳密に「何年使えば後戻りしない」という定義はないため、永久保定が理想とされています。

 しかしながら永久保定をするのはなかなか現実的でない方が多いため、

 当院では、最低でも歯を動かした期間を目安にしていただいています。

 医院ごとでも保定期間の定めは違いますが、半年~1年程度では安定しない方のほうが多いため

 大体2~3年程度の保定期間を定めている医院が多いと思います。

 

歯を動かしている動的期間は、歯並びが良くなっていく実感があるため頑張れる方も多いと思いますが、

保定期間は何の変化もない、むしろ変化させないための期間なので途中で諦めてしまう方もいらっしゃいます。

ただ、せっかく期間と費用をかけて頑張ったことをご自身で棒に振ることはとてももったいないですし、

頑張った自分を無駄にすることになってしまうので、最後まで諦めずにやり遂げて欲しいと切に願っております。

「早く装置を外したい」という方にフォーカスするのではなく、「絶対にきれいな状態をキープしたい」という方に

フォーカスしていただければ難なく時は過ぎていきます。

むしろ「外すほうが心配」とさえ思うようになれますので、見方を少し変えてキレイを維持していきましょう😊