こんにちは!横浜駅前歯科・矯正歯科です😊

最近めっきり寒くなり、雪が積もるほどの気候になってきましたね!

体が寒さを感じると食いしばりしやすくなるので、肩首のコリや頭痛を感じやすくなります。

なるべく意識をして、食いしばりをしないようにお過ごしいただくことをオススメいたします。

 

さて今回は、矯正治療中に少しでも前向きになれるようなお話をさせていただこうと思います。

初めに「歯科矯正をしたい!」「矯正しよう!」と思う時、皆様まず最初にどんなことを想像されるでしょうか?

おそらくキレイになった時のイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

     

「こんなにキレイになるんだ!」「こうなりたい!」とイメージできたから、じゃあ矯正治療をしよう!と考えると思います。

ただ、キレイになるまでの過程はとてもイメージしにくいものです。

カウンセリングでお話を聞いていただいたり、SNSやネットに投稿されている情報で大変さを知り、

断念してしまう方も中にはいらっしゃいます。

そうです、歯科矯正は決して楽な治療ではありません。辛いことや大変なことも多いです。

ただ、大変さを理由に一度断念したとしても、皆さま必ずと言っていいほど「やっぱりやりたい!!」と一念発起されています。

ならば早くやってしまったほうが良いと思いませんか?

決して楽ではありませんが、その大変さや苦労は必ずあなたの美しさとなって返ってきます。

考え方一つ、それだけで頑張れることはとても多いのです。

では、色々なことをポジティブ変換してみましょう!

 ・痛い  →  歯が動いている証拠!

 ・辛い  →  美しくなるための努力をしている!

 ・ゴムかけが面倒  →  頑張れば早く終われる!

 ・期間が長く感じる  →  歯に負担がかかりすぎない!安全性が高い!

 ・喋りにくい  →  美しくなるための一歩を踏み出せた!

 ・歯磨きしにくい  →  意識が高い!(歯のケアをきちんとしようとしている証拠です)

 ・硬いものを食べられない  →  消化に良い!

 

上記は、矯正治療中によく聞く言葉です。

左側に書いてある言葉だけを言い続けると、本当にただただマイナスなことばかりのように思えてしまいますが、

右側のような言葉に変換すると何だか前向きに頑張れる気がしてきませんか?

それに、自分を褒めてあげたくなるのではないでしょうか。

ポジティブ変換は矯正治療中だけに限らず、日常生活の中にも取り入れられると思います。

例えば・・・

 ・疲れた  →  頑張った!

 ・難しい  →  やりがいがある!

 ・失敗  →  経験

 ・ピンチ  →  チャンス

などなど、たくさんあると思います。

横浜院でもなるべくスタッフ同士や患者様へお声がけするときなど、ポジティブな言葉を使うように心がけております😊

面白いことにポジティブな方や素直な方は歯の動きが良い・歯の動きが早い傾向にありますので、

矯正中の大変な時もポジティブに捉えて過ごしてみましょう!