メニュー

痛みに対処した治療

痛みに対処するのは
歯科医にとって当然のこと
横浜駅前歯科・矯正歯科の
痛みに対処した治療

nopain_02

子供の頃、歯医者さんに行くのが嫌だった方は多いのではないのでしょうか。もちろん、大人だって痛みは無いに越したことはありません。「治療のために」と我慢していた痛みも今や過去のものになりつつあります。
横浜駅前歯科・矯正歯科では、麻酔時や治療時に患者さんが痛みや不快感を感じないように細心の配慮をしています。また、矯正治療時に関しても「痛みは仕方ない」と考えるのではなく、できるだけその痛みを取り除く方法を追究する姿勢をとっています。

矯正治療の痛みについて

矯正歯科治療は、一般歯科とは「痛みの種類」が異なります。一般歯科で感じる痛みは、虫歯の痛み、その患部を治療する痛みなどですが、歯列矯正の代表的な痛みは主に「歯が動く痛み」、「ものを噛む際の痛み」、そして「装置があたる痛み」であって、これらの痛みには個人差もあります。横浜駅前歯科・矯正歯科ではこれらの苦痛ができるだけ少なく済むような矯正治療・配慮を行っています。

歯が動く仕組みと痛み

矯正治療での「痛みに対処した治療」は、一般歯科治療で言われる「痛み」への対応とは少し意味合いが違います。矯正治療は歯に力を加える事で、造骨作用(一方の骨が溶かされ、もう一方の骨が造られる仕組み)を促し、それを利用して歯を理想的な位置に移動します。こうして歯が動く際には痛みが伴いますが、人間の体のメカニズムを利用した治療なので体に害のある痛みではありません。

矯正中の痛みの種類

この矯正治療中に感じる「歯の動く痛み」は人によって異なりますが、「押される感じ」「圧迫される感じ」「ジンジンとしびれる」といった種類の痛みだと表現されることが多いです。

矯正治療の痛みに配慮した装置選び

とはいえ、「痛み」があることは事実で、「痛み」とはできれば避けて通りたいものだと思います。実は、矯正中に感じる痛みは歯にかかる力を調節する(弱くする)ことによって緩和できるようになってきています。

セルフライゲーションタイプの矯正装置を使用

横浜駅前歯科・矯正歯科では「セルフライゲーションブラケット」と呼ばれる矯正用ブラケットを使用しています。従来のブラケットはワイヤーを固定するものでしたが、こちらのブラケットは、ホルダー部分にワイヤーを通すだけなので、必要以上に無理な力がかからないのが特徴です。歯に力をかけすぎないことで、矯正治療特有の痛みを抑えてくれるのです。さらには、歯周組織に必要以上の負担をかけすぎないことで、歯の動きも早まる効果があります。

マウスピース型矯正も選択肢のひとつです

歯に力をかけすぎない、という点ではマウスピース型矯正も痛みに配慮した矯正治療の一つとして挙げることができます。ものを噛む時の痛みも、歯が動く痛みに起因するものですが、マウスピース型矯正の場合は食事の際には取り外しができるので、マルチブラケットによる矯正治療よりも、食事の際の苦痛は少ないのが特徴です。

また、マウスピースは滑らかな薄いプラスチックでできているので、口の中を傷つけにくく、「口内炎などの痛み」を避けることができる矯正方法です。

これらの痛みは矯正期間中、ずっと悩ませれるものではなく、どちらかというと装置をつけてすぐ、装置の調整を行った後に起こる場合が多いです。これらの痛みは時間の経過とともに収まってきます。

装置が口に当たることに対するケアも

矯正装置がお口に当たることで感じる違和感や痛みに対しては、当院独自の「痛み止めケアセット」で対応しております。舌側矯正治療は表側矯正治療に比べるとお口の中を傷つけにくい特徴もありますが、ブラケットやワイヤーが当たって痛い・こすれるといったお悩みには矯正装置をカバーするワックスやシート、そして痛み止めのお薬などをセットにしご提供いたします。もちろん、マウスピース型矯正でもアタッチメント等の痛みに関して気になることがあればご相談ください。

歯科治療の痛みについて

麻酔時から痛みへ配慮

横浜駅前歯科・矯正歯科では麻酔用の注射針はとても細いものを使用し、デジタル制御の電動麻酔器で麻酔薬注入の際のスピードをコントロールしながら麻酔を行っていきます。麻酔時の痛みは、麻酔注入スピードによって余計な圧力がかかるために起こることが多く、だからこそ注射を行う人によって痛かったり痛くなかったりということが起きていました。電動麻酔器ではそのムラを無くし、麻酔時の痛みを排除しています。

電動麻酔器によってこれだけでも十分痛みを排除できるのですが、ご希望があれば、さらに麻酔時の針が痛みが少ないよう、表面麻酔も使用し、徹底的に「痛みに対処した」治療を行っています。

痛みに対処するだけでなく、
リラックス効果もある笑気ガス

痛みが気にならなくとも、やはり歯医者さんのあの「独特な雰囲気」が嫌だという方もいらっしゃると思います。痛みを感じさせないばかりか、薬品の匂いや、削る音や振動などの「気になる要素」も気にならなくしてくれるのが笑気ガスです。笑気ガスを用いた痛みに対処した治療では、酸素に笑気(亜酸化窒素)を適量分混ぜ、治療中に吸入します。笑気ガスは無臭ですし、一般的に使用する麻酔薬とくらべて、メリットも多く、安全なガスですので、お子さまの治療にも使用できます。

nopain_01笑気ガスの吸引は写真のような機械で酸素と笑気ガスの割合を管理して行っていきます。笑気ガスは低濃度、酸素は高濃度なので安心して利用いただけます。
1笑気ガス吸引用のマスクを鼻にのせ、鼻から吸引します
2しばらくして(5分程度)、鎮静作用が確認されてから治療を始めます。
3治療中も笑気ガスの吸引は続けます。
4治療の完了後、吸引をやめ、リラックス効果が薄れ意識がはっきりするのを待ち終了です。

笑気ガスのメリット

  • 1麻酔時や治療時の痛みが気にならない

    治療開始から用いることで、最初から最後まで「痛みに対処した治療」治療が可能です。

  •     
  • 2治療の際の振動が気にならない

    麻酔が効いていても、治療時の振動や音が気になることがありますが、笑気ガスの治療なら、 気になりません。

  • 3怖さや嫌な感じを緩和するリラックス効果

    歯科への恐怖が強い方や、口の中に治療器具が入ると吐き気を覚える方でも、笑気ガスを使用すると リラックスした状態で治療を受けることができます。
    ただし、意識や記憶は吸入中も正常に保たれるので、医師の呼びかけなどに答えることは可能です。

  • 4吸引をやめると効果はすぐになくなり回復が早い

    笑気ガスは吸引の停止後、効果が薄れやすく、治療後の食事はもちろん、車の運転などにも制限はありません。

痛みに対処した治療についての
よくある質問

■ 「痛みに対処した治療」とは何ですか?痛みが全く無いのでしょうか?

矯正治療における「痛みへの配慮」について、矯正治療時に感じる痛みの性質などをご説明しながらお答えします。
詳しく見る

■ 矯正は痛いと聞き、治療を受ける自信がないのですが。

痛みがずっと続くというわけではなく、また院として痛みへの対処も行っています。不安な場合はご相談ください。
詳しく見る

■ 治療後に元に戻ることはありませんか?

保定期間中、しっかりと保定装置を装着することで後戻りはしません。
詳しく見る

無料カウンセリングのご予約、各種お問い合わせは

1分でいつでも簡単WEBから予約お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-418-139