メニュー

表側矯正

症例と知識の積み重ねられた
表側矯正(唇側矯正)

患者さまののぞむ矯正方法を

横浜駅前歯科・矯正歯科は舌側矯正(裏側矯正)と「マウスピース型矯正(インビザライン)」を中心に目立たないタイプの矯正治療をおすすめしていますが、患者さまのご希望や症状によって治療方法を柔軟に選択できる体制をとっています。ドクターの方針やクリニックの都合を患者さんに押しつけるのではなく、特徴ある治療を行いながらも患者さんのニーズに合わせた矯正治療を提供することが一番だと考えているからです。

そのため、「表側矯正」も矯正治療の選択肢としてご用意しています。私たちが通常行っている「舌側矯正(裏側矯正)」は表側矯正の発展形として登場した矯正方法であるとともに、ドクターは「表側矯正」をベーシックプラクティスとして豊富に経験をしています。表側矯正をお考えの方も、ぜひ横浜駅前歯科・矯正歯科にお任せください。

横浜駅前歯科・矯正歯科
「表側矯正」の特徴

表側矯正も
目立たないブラケットで

「矯正治療」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、この表側矯正ではないでしょうか?表側矯正は、矯正治療の中で最も歴史の長い矯正方法で、歯の表面にブラケットとワイヤーを付けることで矯正を行っていきます。金属のブラケットが目立つことから矯正を敬遠する方も多いですが、表側にあることでブラケットやワイヤーの装着が簡単なことが大きなメリットです。

表側矯正は歯の表側にブラケットを付けるため「目立つ」というデメリットがありますが、近年では半透明で目立ちにくいブラケットや歯になじむセラミックブラケット、白色のワイヤーなども開発され、審美的な負担も少しずつ無くなってきました。また、ブラケット自体が薄く矯正装置の違和感を感じにくいタイプのものもあります。患者さまの症状や希望に合わせてブラケットの選択も行っていきます。

表側矯正でもデジタル設備を活用

横浜駅前歯科・矯正歯科では表側矯正でも、もちろんデジタル技術をフル活用していきます。表側矯正には歯の動き方、力のかかり方など、治療面でも「舌側矯正(裏側矯正)」との違いが多くあり、効率よく歯を動かしていくためには、詳しい検査と綿密な治療計画が役に立ちます。

横浜駅前歯科・矯正歯科では歯科用 3DCT を利用した精密検査、そこから得られたデジタルデータを もとにした診断・治療計画、さらにはそのデータを利用した技巧物作成を「表側矯正」でも行っています。

ベーシックな治療方法に新しいアプローチを行う横浜駅前歯科・矯正歯科の表側矯正もひとつの選択肢としてお考えください。

「ハーフリンガル矯正」も行います

「横浜駅前歯科・矯正歯科」では、「上あごは目立たない舌側矯正(リンガル矯正・裏側矯正)で、目立たない下あごは表側矯正」といったように、裏側矯正と組み合わせて治療するハーフリンガル矯正もご提案しています。

矯正装置をつけた時、下の歯よりも上の歯の方が目立ちます。そこで、上の歯は装置を裏側につける舌側矯正で行い、下の歯は表側矯正で行うというやり方をとる場合があります。このハーフリンガル矯正は全顎舌側矯正に比べて費用が抑えられる場合があるほか、裏側につける矯正装置の違和感を感じやすい下の歯を表側矯正にすることで、治療期間中のストレスを減らすことができます。

表側矯正の
メリット・デメリット

表側矯正のメリット

  • 1舌側矯正よりも費用が抑えられる

  • 2矯正装置を付けても「発音・滑舌に影響が少ない」

  • 3装置が表側にあるので「舌にあたる違和感・痛みがない」

表側矯正のデメリット

  • 1ブラケットが他人から見える

  • 2症状によっては舌側矯正の方が歯を動かしやすい場合がある

  • 3装置が表側にあるので、唇に当たり傷や口内炎を作る可能性がある。

  • 4装置に食べ物がからまった時にめだちやすい。

表側矯正についての
よくある質問

■ 通院の頻度はどのくらいですか。

通院の頻度についてのご質問です。
詳しく見る

■ 矯正の治療期間はどのくらいですか?

矯正の治療期間についてのご質問です。
詳しく見る

■ 治療後に元に戻ることはありませんか?

アフターケアーについてのご質問です。
詳しく見る

■ 矯正治療は保険が効かず高額とききましたが本当ですか?

治療費についてのご質問です。
詳しく見る

無料カウンセリングのご予約、各種お問い合わせは

1分でいつでも簡単WEBから予約お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-418-139