治療後に元に戻ることはありませんか?

治療後に元に戻ったりすることはないのでしょうか?

実は矯正治療後には「後戻り」のリスクがあります。その後戻りを起こさないように行うのが「保定期間」です。保定期間中、保定をしっかり行うことで、歯の周りの組織も安定し、矯正後の歯並びが乱れにくくなります。

「後戻り」とは?

後戻りとは矯正治療できれいに並べた歯が、矯正治療を終えた後、徐々に元の歯並びに戻ってしまう現象のことを言います。人間の歯は矯正装置を付けずとも、さまざまな要因によって動いていきます。矯正治療後は特に歯の周辺組織が不安定な状態なので、通常より動きやすくなっています。

後戻りを防ぐ「保定」とは?

舌側矯正であっても、マウスピース型矯正であっても、「保定」は必要です。保定とは、矯正治療完了後の歯並びを保つ為、歯周組織が落ち着き、簡単には歯が動かなくなるまで、保定装置を付けて歯並びを保つ過程のことをいいます。保定装置にもさまざまなものがありますが、当院ではマウスピースタイプのものを使用。こちらはご自身で取り外しが可能です。保定装置はリテーナーとも呼び、一定時間以上つけることで効果を発揮します。

保定期間はどのくらい?リテーナーは1日何時間つける?

リテーナーの装着期間は患者さまによりますが、矯正治療にかかった期間と同程度とお考えください。目安としては1年〜2年程度です。

1日のうちリテーナー装着時間ですが、矯正治療完了直後は食事などを除いて、ほぼ1日中の装着が必要です。そこから夜間のみ、1日おき…というように、徐々に装着時間を減らしていき、最終的にはリテーナーの装着をやめます。

リテーナーの装着期間や時間は、定期健診の際にドクターがお伝えしていきます。患者さまのなかには後戻りを心配され、保定期間の終了後も定期的にリテーナーを使用する方もいらっしゃいます。後戻りを未然に防ぎ、矯正治療後の歯の状態をより良く保つためにも、保定期間終了後も定期的なご来院をお勧めしています。