裏側に装置がついても食事ができるのですか?

歯の裏側に装置がつくといいますが、食べ物を噛んだり、飲み込んだりすることが難しくなるのではないかと不安です。裏側に装置がついても食事ができるのですか?

裏側矯正でも食事はできます。

まず、歯の裏側に装置がついても、食事には問題ありません。

ただし、矯正装置の付けたて、装置の調整したての時期には噛む際に痛みを感じやすく、硬いものや嚙み切りにくいものは避けることをお勧めします。これは他の矯正方法でも同様のことですが、裏側矯正だけが食事に支障をきたすということはありません。

かみ合わせによっては
処置が必要なことも

裏側矯正では歯の裏側に装置がつくため、患者さまのかみ合わせによっては上の裏側の装置と下の歯が当たってしますことがあります。その場合は、奥歯に一時的に咬む面(咬合挙上用のレジン)を作り、上顎と下顎の関係を調整し、食べれられるようにします。

歯が動くにつれて奥歯や前歯は段々と咬んでいきますので、治療が経過するにつれて先に盛ったレジンを削りながら高さの調節をしていきます。そうすることによって段々と咬む面が増えていき、装着前のように咬めるようになります。

奥歯にレジンを盛ると、「逆に食事がしにくくなるのでは?」と心配する方も多いですが、ほとんどの方は2週間くらいで気にならなくなります。

奥歯へレジンを盛ることによって「噛み合せが上がり、顎の関節への負担が減る(スプリントのような効果が得られる)」「上下の歯の干渉が減るので歯の移動が早くなる」といった治療へのメリットも得られる場合があります。