夫婦生活に矯正装置の支障はありませんか。

パートナーとの夫婦生活で裏側に矯正装置をつけていても支障はないのでしょうか?

実はよく聞かれる質問です。ご夫婦間の関係はもちろん、恋人との関係や恋愛のさまたげになるのではないかという心配も多くの方がなさっています。

矯正治療中のキスは?

中でも「装置が口の中に付く」という点から、キスの時に相手に嫌な思いをさせないか、キスはできるのか?といった心配が多いようです。

結論からいうと、問題はありません。どの矯正方法でも軽いキスは問題ありません。もう少し気持ちの込もったキスですと、表側矯正の場合には矯正装置が邪魔になることがあります。舌側矯正(裏側矯正)の場合、矯正装置は歯の裏側に付くのでそれほど支障にはなりません。マウスピース型矯正の場合も、問題はございません。

ただ、マルチブラケットによる矯正(表側矯正・舌側矯正)の場合、お相手の方の舌が矯正装置にぶつかる可能性はあります。セルフライゲーションタイプの矯正装置であれば表面は比較的滑らかですが、結紮線で固定するタイプの従来のブラケットでは、結紮線の先端などで舌先を傷つける可能性も無いわけではありません。

ブラケットの種類は症状や治療のアプローチによって異なります。詳しくはお尋ねください。

矯正治療中の恋愛は?

若い世代の患者さんですと、矯正治療中、好きな人にどう思われるか、嫌われないかといった心配を耳にします。人の価値観はさまざまですので、矯正治療に対してもいろいろな意見がありますが、近年では歯並びを治そうとする姿勢や行為はどちらかというとポジティブに受け止められています。

矯正治療が進むうちに、口元が整い、自分に自信が持てるようになると、むしろ恋愛にはプラスに働く場合も多いようです。

それでも見た目が気になる場合には、やはり目立たないタイプの矯正治療をおすすめします。マウスピース型矯正治療は透明で目立たず、取り外しもできます。また舌側矯正(裏側矯正)は歯の裏側に矯正装置が付くので、他人からは矯正していることがわからないこともあります。

身近な人の理解は矯正治療のモチベーションアップにもつながります

矯正治療中の恋愛や愛情表現に支障がないわけではありませんが、少し発想を変えると、お互いをいたわる気持ちを育て、相手の気持ちを考えるいい機会でもあります。矯正治療を開始するときには、ぜひ身近な人とも話し合ってみてください。