こんにちは!横浜駅前歯科・矯正歯科です😊

年が明けて、本格的に冬がやってきましたね。

寒いと食いしばりしやすくなるので、歯の痛みも感じやすくなります。

そこで今回は『歯の痛みに効果的なツボ』をいくつかご紹介いたします!

 

1⃣顴髎(けんりょう)…目尻からまっすぐ下に引いた線と、頬骨の下縁から横に引いた線が交わるところ

       顔のツボ 顴髎

歯の痛みはもちろん、お顔のたるみやしわ・小顔効果も期待できます✨

親指で3~5秒ほど、ゆっくり強く押しましょう!5回くらい繰り返すのがオススメです。

 

2⃣頬車(きょうしゃ)…下顎の骨にあるツボ。

             顎のラインから頬に入ったポイントで、噛みしめると盛り上がり、口を開けると凹むところ

       顔のツボ 頬車

歯の痛みや顎の痛みに効果的。そして二重あごやたるみ・むくみにも◎

左右のツボに両手中指を当てて、少し皮膚を押し上げるように力を加えるのがオススメです。

 

3⃣承漿(しょうしょう)…下唇と顎の間の、中央の凹んでいるところ

       顔のツボ 承漿

歯の痛みと、歯が痛い時の歯茎の腫れを和らげてくれます。口の歪みやニキビなどにも◎

噛み締めた状態で親指で3~5秒間押しましょう!こちらも5回ほど繰り返し行ないます。

 

4⃣合谷(ごうこく)…手の人差し指と親指の間にあるツボ。

           手の甲を上にして、人差し指と親指の骨が交差した部分から人差し指寄りにある。

    手のツボ 合谷

歯の痛みだけでなく、頭痛などの様々な症状を和らげてくれる万能なツボ。

親指と人差指で挟むようにし、親指の方で5秒ほどゆっくり押します。

両手5回ずつ行うのがオススメです!

※妊娠中の方は合谷のツボ押しで陣痛が起こる可能性があると言われていますので、

 他のツボを押すのが良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

歯が痛む時にぜひ試してみて下さいね😊ただし、押し過ぎには要注意です

痛気持ちいいくらいの力加減と回数がオススメです!

そして痛みが落ち着いたとしても、自分で判断せずに医師に相談しましょう。