保定について

こんにちは。横浜駅前歯科・矯正歯科です。

今回は「保定についてお話ししていきます。

当院では矯正治療後、綺麗になった歯並びを維持していくため、保定装置を付ける期間を設けています。

何かしらの保定装置を装着しないと、歯が元の位置に戻ろうとしてしまい、後戻りします。

そういったことを防ぐためには、保定装置の継続使用と、定期的なメンテナンスが欠かせません。

そこで、保定について詳しくご紹介していきます♪

矯正治療後の後戻りを「リテーナー」で防ぐ

当院では歯を動かしていく動的治療が終了したと同時に、保定装置(リテーナー)への切り替えを行います。

矯正治療が終わったばかりの歯は、歯の周辺組織が不安定でもっとも動きやすい状態にあります。

リテーナーを使用しないと様々な要因により歯が動いてしまい、またデコボコになりかねません。

そういった後戻りを防ぐためには、矯正終了後も継続して装着するのが望ましいです。

リテーナーは、基本的には透明なマウスピースタイプになります。

お食事と歯磨きの時以外はリテーナーを装着したまま過ごします。

そうすることによって、後戻りを防ぐことが出来るのです。

リテーナーを装着する時間は?

リテーナーは1日に20時間ぐらいの装着が望ましいです。

お食事と歯磨きの時以外は装着した状態となりますので、夜寝るときも付けたままです。

また、飲食をする際は必ずリテーナーを外して下さい。

そのままの状態だと、リテーナーに汚れが付いたり、故障の原因となります。

保定の期間はいつまで?

保定の期間は、矯正にかかった期間(歯を動かした期間)+半年間になります。

例えば、矯正の期間が2年だったとすると、2年6ヶ月間が保定期間となります。

その期間はリテーナーを装着して過ごすのですが、年に2~3回程度、当院に定期検診を受けに来て頂く必要があります。

内容は後戻りをしていないかの経過確認と歯のクリーニングで、その都度¥5,500の料金が発生します。

矯正終了して間もない頃は、3ヶ月に一回のペースで来て頂くのですが、経過が順調であれば半年後、一年後となり、

最終的には定期検診にお越し頂く必要も無くなります。

ただし、保定の期間が終わっても、永続的にリテーナーを装着するのが望ましいです。

リテーナーについて

リテーナーは透明なマウスピースタイプになります。

当院の患者さんには、保定期間に使用するリテーナーを初回のみプレゼントしています。

壊れない限りはそちらを使用して頂くのですが、使用するうちに汚れ・着色が気になってくるかと思います。

そんな時は、当院でも取り扱いしている、リテーナー専用の洗浄剤で洗ってあげるのがベストです。

リテーナーが壊れてしまったり紛失してしまった場合は、当院にお越し頂き再作製となります(有料)。

また、マウスピースが苦手な方は別の保定の方法もあるので、一度ご相談下さい♪

後戻りが気になったら・・・。

もしも矯正治療後に後戻りが気になった場合は、お早めにご相談下さいませ。

Dr.が現状の状態をチェックし、今後の対応についてお話しします。