メニュー

審美治療

歯の色・欠け・大きさ・銀歯など
「歯自体」のお悩みに
横浜駅前歯科・矯正歯科の審美治療

デジタル技術を用いた審美治療のこだわり

デジタル管理の全自動技工
CAD / CAM システム

横浜駅前歯科・矯正歯科ではセラミックなどを用いた審美治療(歯の形体や色の改善治療)にデジタル技術を多く取り入れています。「つめもの」や「かぶせもの」を作成する時に以前であれば、シリコンで型取りを行い、歯型模型を作成後、修復物を設計…という作業を全て手作業で行っていました。また修復物の作成は歯医者さんとは別の歯科技工所で行われるので、手間・時間がかかることはご想像に難くないかと思います。

当院の修復物作成フローはこれと全く異なります。まず、歯型はスキャニングカメラで撮影することによって「データ」として取得されます。患部のスキャニングデータはコンピューターに取り込まれ、モニターで見ることができます。このデータをもとに修復物もコンピューター上で設計するので、手作業による誤差が生じにくい特徴があります。

院内で修復物が完成します

さらに、コンピューター上で設計した修復物のデータは「ミリングマシン」(セラミックブロックを削り出す機械)に送られ、修復物は全て自動で作り上げられます。横浜駅前歯科・矯正歯科ではこのミリングマシンを院内に導入しており、状況や患者さまの希望によってはご来院されたその日にセラミックの修復物を設置することもできる態勢をとっています。

歯科用 3DCT による精密検査

また、横浜駅前歯科・矯正歯科では 3DCTを導入しています。3DCTは歯や歯周辺の組織をはっきりと立体的に把握できる特徴があります。根管治療や親知らずの抜歯の際には、治療に必要な情報を映し出す歯科用 CT を利用することで、リスク分析ができます。

横浜駅前歯科・矯正歯科
審美治療の特徴

  • 1デジタル利用で誤差を排除

    歯型の取得や修復物の設計・作製は、デジタル管理され、手作業で生じやすい誤差を無くします。最終的に技工士・審美治療を専門に行う医師によって出来上がりの確認を行っております。修復物の種類によっては、技工士の手で作製します。

  • 2高品質のセラミック素材を使用

    修復物に使用する素材は患者さまのご希望や患部に合わせて様々なものをご用意しています。CAD / CAM システム(セレック)で使用するセラミックブロックは規格生産された高品質なものを使用。審美性とともに耐久性も重視して素材を選んでいます。

  • 3かみ合わせにまで配慮した審美治療

    当院では総合的な歯科治療を提供しています。そのメリットを生かし、審美治療でも「かみ合わせ」にまで配慮した治療を行っています。歯がきれいになったとしても、かみ合わせに問題があると、顎や歯並びに悪影響を及ぼすこともあり、修復した歯の耐久性も低くなります。

  • 4矯正治療との組み合わせ治療もできます

    矯正治療で歯並びを治すと同時に、銀歯をセラミックに変えたい、歯の形をなおしたいというご希望も多くあります。当院では矯正治療を進めつつ、セラミック治療に適した時期を見極め、審美治療も行うことができます。

  • 5痛みへの配慮も忘れません

    歯を削る、歯を抜くといった処置には、痛みのほか、歯科が苦手な人にとっては精神的苦痛も伴います。当院では麻酔の針や温度の管理にこだわり、麻酔時から痛みを感じにくい処置を目指しています。また、笑気ガスの吸入でリラックスしながら治療を受けることもできますのでご相談ください。歯科治療と痛みについて

審美治療とは?

cosmetic_01
 

「歯の大きさがバラバラで歯並びが悪く見える」「前歯のすきっ歯を治したい」「歯の変色が嫌だ」「銀歯を目立たなくしたい」…などなど歯のことで悩んでいる方は意外と多いものです。これらの症状に対応し、歯を整えるお手伝いをするのが審美治療です。
けれども、「見た目」だけよくなれば良い、という問題でもありません。歯は体全身の健康に関わる重要な部分です。横浜駅前歯科・矯正歯科では歯の見た目を整えるとともに、機能面・健康面を配慮した治療を行っていきます。

ダイレクトボンディング

銀歯などの小さな詰め物や前歯の隙間・欠けを白い歯にしたい方には「ダイレクトボンディング」というレジンを使った治療があります。柔らかい素材を歯に直接盛っていく(型を作る場合もあります)ので、セラミックの詰め物や被せ物に比べて、素早く、健康な歯を削らずにできる点が特徴です。

矯正治療では歯の形まできれいにすることはできませんが、昔の歯並びですり減ってしまった歯をダイレクトボンディングで修復してあげることで、きれいにそろった歯になります。

レジンといっても当院では「ハイブリットセラミック」と呼ばれる、レジンにセラミックの粒子を混ぜ込み、審美面・強度面を強めた素材を使用しております。

ラミネートベニア

「ラミネートベニア」はホワイトニングでは白くならない前歯の変色やすきっ歯、気になる歯の形や大きさを白く美しい歯にする治療方法です。爪に付けるネイルチップのように、薄いセラミックの板(セラミック・シェル)を歯の表面に貼り付けていきます。

患者さま自身の歯を削る量は最低限に抑えながら、数回の通院で審美的改善が期待できる治療方法です。

「貼り付ける」と聞くと、剥がれてしまわないか不安になりますが、近年ではセラミックの板の強度が上がり、接着剤の能力も改善されており、患者さまのご希望やお悩みによっては有効な選択肢のひとつです。

インレー

「インレー」とは、詰め物のことをいいます。虫歯治療で削ってしまった部分を補い、まるで自分の歯のように自然な白さ・質感を実現します。「セラミックインレー」とはセラミック素材を用いた詰め物となります。インレーは複雑な形になりやすく、使用する素材にはEMAX(次世代セラミック)などの強度のあるものをお勧めしています。

すでに入っている銀歯やプラスチックの詰め物を外し、セラミックの詰め物に変える治療は比較的短時間でできるようになっています。

クラウン

虫歯の治療跡が大きい場合や噛み合わせの状態などによっては「被せ物・クラウン」と呼ばれる、歯をすっぽりと覆うような修復物を用いて治療を行います。素材には強度や審美性の異なるさまざまな種類がありますが、「セラミッククラウン」とは総じてセラミック素材を使用した被せ物のことを指します。

クラウン(被せ物や差し歯)は、ダイレクトボンディングやインレーにくらべ、修復の面積(体積)が大きいため、セラミックを使用することで自分の歯と違和感なく、強度の面でもメリットが期待できます。

精密審美治療についての
よくある質問

凹凸や出っ歯などには審美治療と矯正治療どちらが良いのですか?

一概にどちらが良い、とは決められません。ご自身の歯を残したい場合には矯正治療をお勧めしますが、歯の形や色のお悩みもある場合には審美治療も選択肢のひとつです。
詳しく見る

矯正と一緒に銀歯をセラミックにすることはできますか?

はい、可能です。どのタイミングでセラミックの歯を入れるかどうかなど矯正治療と合わせて計画していきます。
詳しく見る

無料カウンセリングのご予約、各種お問い合わせは

1分でいつでも簡単WEBから予約お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-418-139