裏側矯正治療中は話しにくくなりませんか?

歯並びは治したいけど、「本当にきれいになるのか?」などたくさん不安があります。
また、英語を使う仕事をしているのですが、日本語よりも舌が歯の裏に触れた形で発音する音が多く、裏側矯正をすると話しにくくなるのではないかと気になっています。
さらに、以前、カウンセリングを受けた際、上前歯2本の歯根が普通よりも半分くらい短いと言われました。これでは裏側矯正での処置は難しいでしょうか?

歯並びを治したいけれど、矯正治療に不安があるという気持ちはとてもよくわかります。矯正治療は治療期間も長いので、先が見えにくくその分不安も大きくなりますね。
裏側矯正は表側からは装置がほとんど見えず、治療中の見た目や、他人からの視線などを気にする必要がないことで幾つかの不安は解消してくれる矯正方法ではあります。
しかし、本来であれば何も無い場所に装置が付くのですから、多少の支障はあります。

裏側矯正装置をつけると話しづらくなる?

英語の方が裏側矯正に影響があるのではないのではというご質問をいただきましたが、確かに英語の方が舌や歯の裏側を使った発音が多いということはあります。しかし、装置が阻害して発音しにくくなるというより、装置があるため、舌が無意識のうちに装置をよけるようになり発音しにくくなるというパターンがほとんどです。舌が装置に慣れてくれば自然と改善していきます。これは日本語の発音や滑舌でも同じことで、装置があることに慣れてしまえば問題はありません。

また、横浜駅前歯科・矯正歯科では、矯正装置(ブラケット)に裏側矯正装置の中で一番小さな装置を採用していますし、一度にすべての歯に装置を着けるのではなく、時間がかかる部位から順に着けていくので、段階的に慣れていくことができます。

ちなみに、横浜駅前歯科・矯正歯科の患者さまの中には、外国の方もいらっしゃいますし、英語を使った仕事をしている方も治療をされています。

歯根の長さと矯正治療の不可

また、上の前歯、2本の歯根が短いということですが、特に裏側矯正で治療が難しいということはありません。
ただ、裏側矯正に限らず、矯正治療では歯根吸収*のリスクがあるため、治療に際してはCTなどでしっかりと検査を行った後、慎重に進めてまいりたいと思います。

*歯根吸収とは、歯に対して強い力や揺さぶるような力が継続的にかかった際、歯根部分が周囲の骨に吸収されて短くなる現象のことで、歯根が短くなると、歯のぐらつきや歯が抜けるなどの問題を引き起こす場合があります。

他にもなにかわからない点があればお気軽にご質問ください。