裏側ワイヤー矯正の特徴について

こんにちは。横浜駅前歯科・矯正歯科です。

今回は裏側ワイヤー矯正についてお話ししていきます。

矯正は年単位の長い時間をかけて行う必要がある治療です。

そのため、目立たない矯正装置を選ばれる方は非常に多く、当院にも多数の相談が寄せられます。

当院は成人の「目立たない舌側矯正」を推奨していますので、裏側ワイヤー矯正を行うことは可能です。

そこで、当院の裏側ワイヤー矯正の特徴をご紹介していきます。

 

裏側ワイヤー矯正のメリットは?

裏側ワイヤー矯正のメリット①目立たない

上下の歯の裏側にワイヤーを通すための装置(ブラケット)がつきます。

歯の裏側に装置がつくことで、正面から見ても全く目立ちません。

お仕事の関係で目立ってしまう矯正がNGの方や、結婚式を控えている方にはぴったりの方法です。

裏側ワイヤー模型

正面から見てもほとんどわかりません。

裏側ワイヤー模型2

実は裏側に装置がついています。

裏側ワイヤー矯正のメリット②お食事中も気にならない

表側だと食べ物が装置に挟まって、見た目が気になるということも起こりますが、

裏側であれば見えないので、気にする必要がありません。

外出先で鏡を見られない状況になっても安心して食事が出来ます。

裏側ワイヤー矯正のメリット③虫歯になりにくい

裏側に装置が付いていることにより、常に唾液に触れている状態になるため、

表側と比べると、装置が付いている部分の虫歯が出来にくいというメリットがあります。

ただし、歯磨きに関しては時間をかけて丁寧に行う必要があります。

 

裏側ワイヤー矯正のデメリットは?

裏側ワイヤー矯正のデメリット①慣れるまで喋りにくい

装置が裏側に付いているので、初めのうちは喋りにくいと感じるかと思います。

個人差はありますが、平均して2~3週間で慣れる方が多いです。

裏側ワイヤー矯正のデメリット②装置が舌に当たると痛みがある

舌が装置に当たって切れてしまい、お痛みが出る場合があります。

そんな時は、一時的に装置の上にワックスをつけて保護するという方法があります。

ワックスは当院でも取り扱っておりますので、気になる方はお申し出下さい。

裏側ワイヤー矯正のデメリット③コストがかかる

裏側の装置は、患者さんお一人に合わせた完全なオーダーメイドになります。

また、表側ワイヤーと比べると難しい技術が要求される矯正方法でもあるので、コストがかかってきます。

裏側矯正が気になる方へ

裏側矯正は、見た目が気になって矯正を始めることが出来なかった方に、ぴったりな矯正方法です。

裏側矯正に少しでも興味がありましたら、お気軽にご相談下さいませ。